花失せては面白からず 山田教授の生き方・考え方

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041310205

花失せては面白からず 山田教授の生き方・考え方

  • 著者 城山 三郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041310205

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「花失せては面白からず 山田教授の生き方・考え方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 難解ではありましたが、読み応え充分でした。後半に進むに連れて読書スピードが加速するような、引きこまれてしまうような、そんな感覚がありました。読むべき時に出会えた本だったのかなと思えます。感謝です。 難解ではありましたが、読み応え充分でした。後半に進むに連れて読書スピードが加速するような、引きこまれてしまうような、そんな感覚がありました。読むべき時に出会えた本だったのかなと思えます。感謝です。
    Masanori Yamamoto
    2014年05月15日
    4人がナイス!しています
  • ★★★☆  一学生が恩師のことを回想したエッセイ。そういう感想になるのも、話の中にちょいちょい出てくる経済談義を「難しい」と感じてしまうのも、自分が全く勉強しなかったからに違いありません。 ★★★☆  一学生が恩師のことを回想したエッセイ。そういう感想になるのも、話の中にちょいちょい出てくる経済談義を「難しい」と感じてしまうのも、自分が全く勉強しなかったからに違いありません。
    アルゴン
    2014年11月28日
    3人がナイス!しています
  • 教授と教え子の長年に渡る師弟関係の温かさに感銘を受けました。また「二人のゼミナール」の項目は師弟の勉強会の様子ですが、内容が今現在も議題にされるべきことであり、教授の答えが今の日本経済の難題に対する一 教授と教え子の長年に渡る師弟関係の温かさに感銘を受けました。また「二人のゼミナール」の項目は師弟の勉強会の様子ですが、内容が今現在も議題にされるべきことであり、教授の答えが今の日本経済の難題に対する一つの答えになっていることに驚かされます。 …続きを読む
    watausa
    2011年10月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品