試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1990年04月27日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041227527

数の風景

  • 著者 松本 清張
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1990年04月27日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041227527

土木設計士の板垣は、石見銀山へ向かう途中、計算狂の美女を見かける。投宿先にはその美女と、多額の負債を抱え逃避行中の谷原がいた。谷原は一攫千金の事業を思いつき実行に移す。長編サスペンス・ミステリ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「数の風景」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 話が動き出すまでは、必要なのか疑問な細い描写がこれでもかってくらい続くので読むのが辛い。でも動き出してからはするする行ける。殺人そのものは本筋にとっては余り重要ではない、スケールの大きな話。推理要素は 話が動き出すまでは、必要なのか疑問な細い描写がこれでもかってくらい続くので読むのが辛い。でも動き出してからはするする行ける。殺人そのものは本筋にとっては余り重要ではない、スケールの大きな話。推理要素は余り多くない。この人•この件がこう絡むのかと驚かされる。ただ矢部の勘は鋭すぎやしないか。 …続きを読む
    ナイトロ
    2016年05月31日
    6人がナイス!しています
  • 彼女は、ある大学の助教授だった・・・ 専門は、民俗学。 彼女は、ある大学の助教授だった・・・ 専門は、民俗学。
    1goldenbatman
    2017年08月04日
    2人がナイス!しています
  • 長編だったが、説明が多く展開は少なかった。なんだか展開が上手い具合に行き過ぎる感もなくはない。 長編だったが、説明が多く展開は少なかった。なんだか展開が上手い具合に行き過ぎる感もなくはない。
    マキマキ
    2014年03月01日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品