中原中也詩集 在りし日の歌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041171035

中原中也詩集 在りし日の歌

  • 著者 中原 中也
  • 編 佐々木 幹郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041171035

旺盛な活動を続ける中での愛児との突然の別れ。「亡き児文也の霊に捧ぐ」という言葉とともに中原が最後に編集した詩集『在りし日の歌』全編と同時期の代表作を精選。詩人最晩年の活動のすべてを示す。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「中原中也詩集 在りし日の歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中原中也の第二詩集。表現は深みを増し、凄みを感じる詩が多くなっている。特に「骨」の死の世界まで突き抜けた表現に圧倒された。第一詩集で見られたような溌剌とした浪漫的な表現は、影を潜めている。それは残念だ 中原中也の第二詩集。表現は深みを増し、凄みを感じる詩が多くなっている。特に「骨」の死の世界まで突き抜けた表現に圧倒された。第一詩集で見られたような溌剌とした浪漫的な表現は、影を潜めている。それは残念だが、この詩人に生活の重みがのしかかっていたせいだろう。それでも自分の生を正面から引き受けて、生きていこうとする決意を感じる。病気による死さえなかったら、もっと人の心を震わせる詩を書いたに違いない。この詩集を読んで、そのことが残念でたまらなかった。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2016年03月17日
    131人がナイス!しています
  • 詩は、感想が難しい。寧ろ感想を書く…というものでは、ないかもしれない。言葉の流れが心地よい。キラキラとした情景や、夏の暑さ、海には、浪ばかり。美しいけれど息苦しくもなる。危ういほどの繊細さ、不安定さや 詩は、感想が難しい。寧ろ感想を書く…というものでは、ないかもしれない。言葉の流れが心地よい。キラキラとした情景や、夏の暑さ、海には、浪ばかり。美しいけれど息苦しくもなる。危ういほどの繊細さ、不安定さや哀しみに、その感傷に、寒々しさも覚える。それを感じ、浸れる心地よさ。 …続きを読む
    つたもみじ
    2015年12月30日
    25人がナイス!しています
  • 詩集は感想が難しい。自分のなかの感情を表現し詩にする。著者のなかの傷が、自分のなかの傷痕と一致して共感を生む。静かであるが残酷な世界に人々。 詩集は感想が難しい。自分のなかの感情を表現し詩にする。著者のなかの傷が、自分のなかの傷痕と一致して共感を生む。静かであるが残酷な世界に人々。
    D
    2015年04月01日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品