角川文庫

イーハトーボ農学校の春

故郷の岩手県、農業への深い愛慕に満ちた作品集。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年03月25日
判型:
その他
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041040119

角川文庫

イーハトーボ農学校の春

故郷の岩手県、農業への深い愛慕に満ちた作品集。

  • 著者 宮沢 賢治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年03月25日
判型:
その他
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041040119

故郷の岩手県、農業への深い愛慕に満ちた作品集。

訪れた春の暖かい陽射しのなかで、歓びにあふれ、農作業を謳歌する農学生たちを描く表題作をはじめ、賢治の農学校教師時代の生活や、農学生時代の思い出から生まれた作品を集めた短篇集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「イーハトーボ農学校の春」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ひさしぶりに賢治の作品を読んだが、やはり強く惹きつけられた。表紙の飯野和好さんの絵も好きだ。初期の作品が収められており、後期の作品のように悲痛なところは少ない。自然の中に没入して、自然の恵みを直接受け ひさしぶりに賢治の作品を読んだが、やはり強く惹きつけられた。表紙の飯野和好さんの絵も好きだ。初期の作品が収められており、後期の作品のように悲痛なところは少ない。自然の中に没入して、自然の恵みを直接受け取る登場人物達に、感情移入しながら読んだ。子供の時に時間のたつのも忘れて、野山を駆け回ったことを思い出す。「種山ヶ原」が一番の好み。主人公の少年がふとしたことから異界に迷い込んでしまい、無事にこちら側の世界に帰ってくる。山の自然が生き生きと色彩と豊かに描かれて、読んでいると心がわくわくした。 …続きを読む
    新地学@児童書病発動中
    2017年04月16日
    114人がナイス!しています
  • 青空文庫で読みました。イーハトーボの春の声とあたたかい風が感じられます。実体験をそのまま描いているのは賢治作品にしては珍しいのでしょうか。実習服を着て農学校で過ごす陽だまりの時間が見えるような気がしま 青空文庫で読みました。イーハトーボの春の声とあたたかい風が感じられます。実体験をそのまま描いているのは賢治作品にしては珍しいのでしょうか。実習服を着て農学校で過ごす陽だまりの時間が見えるような気がします。 …続きを読む
    優希
    2017年04月17日
    109人がナイス!しています
  • 面白かったです。この短編集は主人公が立ち入り禁止の場所に入ってスリルを楽しむ話や、主人公があるきっかけで苦手な分野が得意になり、調子に乗って最後の恥をかくという内容で、私の子供時代の思い出が重なり懐か 面白かったです。この短編集は主人公が立ち入り禁止の場所に入ってスリルを楽しむ話や、主人公があるきっかけで苦手な分野が得意になり、調子に乗って最後の恥をかくという内容で、私の子供時代の思い出が重なり懐かしくなりました。「イギリス海岸」と「みじかい木ぺん」が特に気に入りました。板谷栄城さんが解説で、「この短編集は深刻な問題を含んでいないために、かえって賢治文学の魅力の本質をうかがうことができる」とおっしゃっていました。読書メーターに新しい角川文庫が登録されておらず表紙が異なるので後ほどつぶやきで写真を載せます …続きを読む
    クプクプ
    2019年02月13日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品