山椒大夫・高瀬船・阿部一族

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1967年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041003046

山椒大夫・高瀬船・阿部一族

  • 著者 森 鴎外
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1967年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041003046

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山椒大夫・高瀬船・阿部一族」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安寿と厨子王の話は、何度も何度も読んだ。 姉が弟を思う気持ちが悲しい。 森鴎外の家族関係をよく存じ上げておらず背景を理解していない。 安寿と厨子王の話は、何度も何度も読んだ。 姉が弟を思う気持ちが悲しい。 森鴎外の家族関係をよく存じ上げておらず背景を理解していない。
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年05月06日
    90人がナイス!しています
  • 而立を過ぎて未だ森鴎外を読んだことがなかったので読むことにしましたが、あまりの素晴らしさに文字どおり貪るように読んでしまいました。類稀なる悟性に溢れた文章は時折難解さがありながらも丁寧に読み進められる 而立を過ぎて未だ森鴎外を読んだことがなかったので読むことにしましたが、あまりの素晴らしさに文字どおり貪るように読んでしまいました。類稀なる悟性に溢れた文章は時折難解さがありながらも丁寧に読み進められるように意識されており、どの作品にも感動や衝撃、考えさせるものがありました。タイトルの3作品は勿論、他の作品、特にじいさんばあさんは最後の結末がお見事というほかありません。ただ森鴎外の作品は彼の心境の変遷も意識した上で読むべき作品が多く、これからも色々な作品を読んでいくことでより味わい深いものになりそうです。 …続きを読む
    kakoboo
    2018年01月05日
    17人がナイス!しています
  • 「すべて功利の念をもって物を視候わば、世の中に尊き物は無くなるべし」 「すべて功利の念をもって物を視候わば、世の中に尊き物は無くなるべし」
    東京湾
    2018年02月26日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品