トピックス

学習参考書として異例の総発行部数5万部突破!「47都道府県」を学ぶ最初の1冊にオススメ『にゃんこ大戦争でまなぶ!47都道府県』

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野剛)が、2022年1月に発売した学習参考書『にゃんこ大戦争でまなぶ!47都道府県』の総発行部数が5万部を突破しました。

大好評! 総発行部数が5万部を突破!!





■書籍『にゃんこ大戦争でまなぶ!47都道府県』
『にゃんこ大戦争』は、ポノス株式会社が配信する大人気のスマートフォン向けゲームアプリ。今年11月に、配信から10周年を迎え、子どもから大人まで幅広い世代のユーザーに愛されています。ゲーム内には都道府県ごとのステージがあり、敵城やお宝など随所に地理的要素がちりばめられているのも特徴です。本書は、そんな『にゃんこ大戦争』とKADOKAWAがコラボレーションして生まれた、47都道府県に詳しくなれる本格的な学習参考書です。

小学校で必修の都道府県の内容を学べる学習書として好調に売れ行きを伸ばしており、「親が促しても学習に興味を持たなかった子が、にゃんこ達のセリフのおかげで自分から進んで読んでくれた」「親子でクイズを出し合えたりして、大人も一緒に楽しめる本」と好評を博しています。

<本書の特長>






■ネコとオタネコのおもしろ会話と、大事なポイントをおさえた地図で理解が進む!
本書の特長は、ネコとオタネコがくり広げる、クスっと笑える会話。詰め込み暗記で苦手意識を抱く子どもも多い内容も、キャラクターたちの会話によって楽しみながら各地の特色を学ぶことができます。

■クイズは全205問! ひとりでも、家族や友達とでも楽しみながら各地を攻略可能
都道府県ごとのクイズはもちろん、地方ごとのまとめクイズや、47都道府県総まとめクイズまで、全部で205問のクイズを収録。親子や友達同士で出題を楽しみながら学習内容を定着できます。

■筑波大学附属小学校で社会を専門に教える梅澤真一(うめざわ しんいち)先生監修! 学習書としても本格的。
教科の監修を務めるのは、筑波大学附属小学校で社会科を専門に教えている梅澤真一先生。都道府県学習の中でも特に重要な学習ポイントをおさえられた誌面になっています。また、全240ページ・フルカラーで写真もたっぷり掲載し、漢字はすべてふりがなつき。巻末には「用語さくいん」も収録されており、じっくり学習内容を堪能できる本格的な学習書となっています。





対象は小学1年生からで、小学4年生で必修の「都道府県」単元の予習・復習に役立つ内容ですが、大人になってからの地理の学び直しにも最適。にゃんこ達と一緒に、一生役に立つ都道府県の知識・教養を身につけられる1冊です。

【監修者 梅澤真一(うめざわ しんいち)プロフィール】
筑波大学附属小学校教諭。専門は小学校社会科教育。
日本社会科教育学会、全国社会科教育学会、日本地理教育学会に所属。東京書籍『新しい社会』教科書編集委員。価値判断力・意思決定力を育成する社会科授業研究会代表。

■『にゃんこ大戦争でまなぶ!47都道府県』概要
監修:ポノス株式会社、梅澤 真一(筑波大学附属小学校教諭)
定価:1,650円(本体1,500円+税)
発売日:2022年1月28日(金)
発行:株式会社KADOKAWA
判型:A5判 ページ数:240ページ・オールカラー

KADOKAWAオフィシャルサイト書誌ページ: 
https://www.kadokawa.co.jp/product/322103000527/

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4046052953/
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/16974491/

(C)PONOS Corp.