トピックス

【発売3日目で重版!】中村憲剛さん最新刊『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』緊急重版決定!プロローグ全文試し読みも配信中!

「この本が自分から皆さんへの『ラストパス』になると思います」―著者

2020年シーズン限りで現役を引退した、川崎フロンターレFRO・中村憲剛氏がこれまで誰にも明かさなかったエピソードをまとめた新刊『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』。本書は、6月30日(水)の発売から大反響をいただき、わずか3日目で重版を決定しました。




「40歳での引退」は実は5年前、35歳のときに決めていたという中村憲剛氏。この間に何を考え、どのような思いでプレーを続けてきたのか、今まで誰にも明かさなかった内実がまとめられています。そして、アスリートの引退といっても、その背景には一人の人間としての決断(夫婦での約束や家族への思い)がある、ということが書かれた本は少なく、「夫としての、父としての中村憲剛」にフィーチャーしたというのが、本書ならではのオリジナリティです。

2021年6月2日(水)に、中村氏の第40回ベスト・ファーザー「イエローリボン賞」(【主催】MFU 一般社団法人日本メンズファッション協会/FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会)受賞が発表されましたが、「大切なものは妻と子ども」という家族第一主義である生き方にも注目が集まっています。
※公式サイトより https://fdc.gr.jp/

この機会にご注目ください。


文芸WEBマガジン「カドブン」(https://kadobun.jp/)でプロローグ部分を特別に全文公開




◆試し読みはこちらから
https://kadobun.jp/trial/lastpass/f3osakegrb40.html


『ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録』について

【内容紹介】
引退決断から5年間、何を考えながらプレーしていたのか――
「自分のパスでみんなが喜んでくれていると思うと病みつきですね」2020シーズンで18年の現役を終えた中村憲剛氏は、その5年前に引退を決断していた。川崎フロンターレを背負い続けたバンディエラの思い、痛みも弱みもさらけ出してきた家族の存在など、プロサッカー選手として18年間自分に向き合い続けてきたすべてを綴った一冊です。

【目次】
プロローグ
第1章 2016年
第2章 2017年
第3章 2018年
第4章 2019年
第5章 2020年
第6章 2020年最終章
エピローグ


著者略歴

中村憲剛(なかむら けんご)
1980年10月、東京都生まれ。元プロサッカー選手。2003年の加入以降、現役生活18年のすべてを川崎フロンターレで過ごした。Jリーグベストイレブン8回選出、2016年には史上最年長にてJリーグMVPを受賞。日本代表としては2010FIFAワールドカップに出場、国際Aマッチ68試合出場、6得点。2020年シーズン限りにて現役を引退。現在は育成年代への指導や解説活動等を通じて、サッカー界の発展に精力を注ぐ。


書誌情報

作品名:ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録
著者名:中村憲剛
発売日:2021年6月30日(水)※電子書籍同日配信
定 価:1,650円(本体1,500円+税)
体 裁:四六判並製 単行本
頁 数:384頁
装 丁:國枝達也
カバー写真:佐野美樹
ISBN:978-4-04-111385-1
発 行:株式会社KADOKAWA
★情報ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000562/