ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784041113851

ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録

  • 著者 中村 憲剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784041113851

中村憲剛は5年前に引退を決断していた。誰にも明かしていなかった内実。

<<「40歳で引退する」ということを35歳の時に決断してから歩んできた5年間の記録>>


朝、家を出るときから今日こそ伝えようと心に決めていた。妻の加奈子にも「今日、話そうと思っているから」と言ってクラブハウスに向かった。あの人に伝えることで、“すべて”が動き出す。そう思っていたからだ。2020年10月23日――久々にもらった連休が明け、練習が再開された日のことだった。僕にとっては、ずっと指標にしてきた40歳の誕生日を1週間後に控えていた。
(中略)
この5年間で僕は数え切れないほど、本当に、本当に多くのものを手にすることができた。それはタイトルという星の数だけでは測ることができない。その過程にはすぐに思い出すことができる栄光や歓喜もあれば、誰にも言えないような多くの葛藤や苦悩もあった。振り返れば、プロサッカー選手として過ごした18年間で経験してきたすべてが、かけがえのないものだったと、先のステージに進んだ今、改めて言い切ることができる。

だから、そのすべてをここに綴りたいと思う。僕が過ごしてきた18年という日々が、誰かの、何かの力になるならば、というメッセージを込めて――。(本書「プロローグ」より)

【目次】
プロローグ
第1章 2016年
第2章 2017年
第3章 2018年
第4章 2019年
第5章 2020年
第6章 2020年最終章
エピローグ

もくじ

【目次】
プロローグ
第1章 2016年
第2章 2017年
第3章 2018年
第4章 2019年
第5章 2020年
第6章 2020年最終章
エピローグ

メディアミックス情報

NEWS

「ラストパス 引退を決断してからの5年間の記録」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昨年、惜しまれつつ現役を引退した中村憲剛さんの、5年間の思い等を綴った本です。35歳のときに5年後の引退を見据えてから起こる劇的な出来事の数々。MVP、チームの初優勝、大怪我、そこからの復活。大怪我は 昨年、惜しまれつつ現役を引退した中村憲剛さんの、5年間の思い等を綴った本です。35歳のときに5年後の引退を見据えてから起こる劇的な出来事の数々。MVP、チームの初優勝、大怪我、そこからの復活。大怪我はともかく、5年の間に起こった幸せな出来事は、サッカーの神様に愛されたおかげか、それとも毎日ひたむきにサッカーに取り組んできたご褒美でしょうか?最近は海外移籍が盛んなため、1つのチームに長く在籍する選手が少なくなってきましたが、中村さんのように「バンディエラ」と呼ばれる選手がまた出てきてほしいなと思います。 …続きを読む
    hideto
    2021年08月01日
    3人がナイス!しています
  • 読書メモ33/2021📝 昨年川崎フロンターレで現役を引退した、サッカー選手中村憲剛さんの著書。 35歳の時40歳での引退を決意したという中村選手。 ずっとシルバーコレクターと揶揄され、なかなかタ 読書メモ33/2021📝 昨年川崎フロンターレで現役を引退した、サッカー選手中村憲剛さんの著書。 35歳の時40歳での引退を決意したという中村選手。 ずっとシルバーコレクターと揶揄され、なかなかタイトルが掴めなかったが、ここからの5年間で川崎フロンターレと中村選手は怒涛の勢いでタイトルを取っていく。 物語としては成功を掴む舞台裏が読めて非常に面白かったし、反面怪我で苦しむ中村選手の生の心情もとても心に響いた。 …続きを読む
    吉積康太
    2021年07月27日
    2人がナイス!しています
  • 面白かった。10年以上前、NHKで中村憲剛の追っかけ的な番組を見て、そこで人となりを知ってからのファン。その番組に奥さんの加奈子さんも出ていて、前向きで素敵な奥さんだなあと記憶していて、今回、この本に 面白かった。10年以上前、NHKで中村憲剛の追っかけ的な番組を見て、そこで人となりを知ってからのファン。その番組に奥さんの加奈子さんも出ていて、前向きで素敵な奥さんだなあと記憶していて、今回、この本に散りばめられたあたたかい家族のエピソードが良かった。他には、引退を選手や家族に伝えるエピソードが、こちらまで泣けてきてあたたかい気持ちになった。自分も頑張ろうと思える一冊だった。 …続きを読む
    ヒロ
    2021年08月22日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

中村憲剛(なかむら けんご)

1980年10月、東京都生まれ。元プロサッカー選手。2003年の加入以降、現役生活18年のすべてを川崎フロンターレで過ごした。Jリーグベストイレブン8回選出、2016年には史上最年長にてJリーグMVPを受賞。日本代表としては2010FIFAワールドカップに出場、国際Aマッチ68試合出場、6得点。2020年シーズン限りにて現役を引退。現在は育成年代への指導や解説活動等を通じて、サッカー界の発展に精力を注ぐ。

最近チェックした商品