トピックス

カクヨム発、本づくりのお仕事エンタメ『ミュゲ書房』の世界を“音声”で再現!     YouTubeで4月28日~29日ライブ配信キャンペーン実施!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、角川書店より発売中の小説『ミュゲ書房』(著者:伊藤 調 装画:くじょう)の好評を記念し、同作の舞台となる美しい書店を《立体音響・ASMR》で再現したYouTube ライブ配信を4月28日(水)から4月29日(木・祝)の2日間にかけて実施いたします。

また期間中、配信のコメント欄またはTwitterに「#ミュゲ書房感想」「#私と書店の思い出」を投稿いただいた方から、優秀賞に図書カードまたは『ミュゲ書房』著者サイン本をプレゼントいたします。







物語の舞台・書店「ミュゲ書房」が2日間限定でYouTubeに登場

小説『ミュゲ書房』は、本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメントです。その物語の肝となる《人も物語も再生する本屋さん(=ミュゲ書房)》の環境音(本をめくる音、小鳥のさえずり etc.)が、サウンドクリエイター xxxJunaJunaxxxさんによって立体音響・ASMRで再現されました。本書の装画を手がけた くじょう さんによる描き下ろしビジュアルとのコラボレーションで、まるで目の前に美しい書店が現れたかような、豊かな聴き心地の音声作品となっています。

この音声作品がxxxJunaJunaxxxさんのYouTubeチャンネルにて、4月28日・29日の2日間にわたり、常時ライブ配信で公開されます。
オンライン越しで、あたかも「ミュゲ書房」が実際にそこに在るような、物語と音声による少し不思議で新しい体験です。短い期間ですが、ぜひ(オンラインで)ミュゲ書房に足をお運びください。

「物語・書店の『好き』を語る場」に
YouTubeライブ配信のコメント欄は、物語・書店を愛する人たちの交流の場として公開いたします。「人が集まり、好きなものを語る」喜びが生まれる空間になれば幸いです。
そしてプレゼントキャンペーンとして、期間中に配信コメント欄またはTwitterで「#ミュゲ書房感想」「#私と書店の思い出」を投稿いただいた方の中から、優秀賞に図書カード/『ミュゲ書房』著者サイン本をプレゼントいたします(キャンペーン詳細は下記)。

配信・キャンペーン詳細

【配信期間】 2021年4月28日(水) 8:00 ~ 2021年4月29日(木・祝) 23:59
【ライブ配信チャンネル(YouTube)】「xxxJunaJunaxxx」(https://www.youtube.com/watch?v=76aaDKHDeB4
【プレゼントキャンペーン】
・応募方法:ライブ配信へのコメント または Twitterのハッシュタグ投稿
・応募期間
-配信コメント:2021年4月28日(水) 8:00 ~ 2021年4月29日(木・祝) 23:59
-#ツイート: 2021年4月28日(水) 0:00 ~ 2021年5月5日(木・祝) 23:59

・「#ミュゲ書房感想」投稿で、優秀賞5名様に図書カード3,000円分プレゼント
・「#私と書店の思い出」投稿で、優秀賞5名様に『ミュゲ書房』著者サイン本プレゼント

・当選発表は、当選者へのメッセージ送信をもってかえさせていただきます。

作品紹介

そこは、人も物語も再生する本屋さん

小説編集の仕事をビジネスと割り切れない、若手編集者の宮本章は、新人作家・広川蒼汰の作品を書籍化できず、責任を感じ退職する。ちょうどその頃、北海道で書店を経営していた祖父が亡くなり、章はその大正時代の洋館を改装した書店・ミュゲ書房をなりゆきで継ぐことに……。

失意の章は、本に関する膨大な知識を持つ高校生・永瀬桃ら、ミュゲ書房に集まる人々との出会いの中で、さらに彼のもとに持ち込まれた二つの書籍編集の仕事の中で、次第に本づくりの情熱を取り戻していく。そして彼が潰してしまった作家・広川蒼汰は――。
挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。

書誌情報

『ミュゲ書房』
【著】伊藤 調 【装画】くじょう
【レーベル】角川書店 【発行】株式会社KADOKAWA
【発売日】2021年3月17日







関連情報

『ミュゲ書房』作品ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322010000394/