トピックス

山田孝之×菅田将暉 W主演ドラマ「dele」(テレビ朝日系 金曜ナイトドラマ)7月27日(金)スタート! 原案・脚本を手掛ける本多孝好による小説版『dele(ディーリー)』発売即重版!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、本多孝好著『dele』(2018年5月25日発売)につづき、『dele2』を2018年6月15日に角川文庫より発売いたしました。




パソコンやスマートフォンなどに記録された写真やデータ、その中には誰にも見られたくないデータありませんか?
自分の死後、残されたデータ=「デジタル遺品」をどうするか? IT社会が進むにつれ「デジタル遺品」という言葉も少しずつ認知されてきているが、その扱いはとても難しい。
そんな「デジタル遺品」をテーマに、小説家・本多孝好の小説『dele』『dele2』が発売、そして本多孝好原案のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「dele」が7月27日(金)からいよいよ放送スタート!小説、ドラマそれぞれがオリジナルストーリーという、両方楽しめる内容となっている。

【あなたの死後、不要となるデータを削除いたします。】
「誰にも見られたくないデータを、依頼人の死後、その人に代わってデジタルデバイスから削除(=dele)する」それが『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』の仕事。

dele.LIFEで働く坂上圭司と真柴祐太郎の仕事は、依頼人の死後、不都合なデジタルデータを消すだけ――のはずだった。しかし、二人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、依頼人の人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へと追い込まれていくことに…!





山田孝之×菅田将暉 W主演!映像界の最高のスタッフが集結
躍動感ある圭司と祐太郎を楽しめる連続ドラマ「dele」
主人公の坂上圭司と真柴祐太郎は、演じる山田孝之と菅田将暉をそれぞれ当て書きして生まれたキャラクター。
車椅子生活を送りながらdele.LIFEを立ち上げた坂上圭司は旺盛な知識欲を持つ。頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男を山田孝之が演じる。
そしてひょんなことから圭司の仕事を手伝うことになった真柴祐太郎を演じるのは菅田将暉。素直で人懐っこく、誰からも好かれる性格だが、実はその佇まいからは想像のつかない過去があるという男だ。

本企画の幹となるのが、 『ストレイヤーズ・クロニクル』や『真夜中の五分前』、『at Home』など、 著作が次々と映画化されているベストセラー作家・本多孝好。 クリエイター・サイドから映像化を渇望される本多が今回はなんと、完全オリジナルドラマの原案と脚本に初挑戦している。
1話完結型形式のドラマの脚本は、本多孝好のほか、直木賞作家の金城一紀(『SP』『BORDER』)、瀧本智行(『グラスホッパー』『脳男』)、青島 武(『あなたへ』『追憶』)、渡辺雄介(『進撃の巨人』『GANTZ』)、徳永富彦(『相棒』)が各回を担当。
ミステリー、人間ドラマのほかアクションシーンも展開されるなど毎回多彩なジャンルの物語で描かれる。そしてこれまた豪華なゲストキャストも登場!「トリック」「時効警察」「民王」など数々の話題作を生み出してきた金曜ナイトドラマ枠に、新たな衝撃作が誕生する。最先端エンターテインメントをお見逃しなく!
【金曜ナイトドラマ「dele」】
テレビ朝日系にて2018年7月27日(金)放送スタート! 午後11:15~深夜0:15放送 ※一部地域を除く
ドラマ公式サイト: http://dele.life/


本多孝好による小説版『dele』『dele2』はドラマとは異なるオリジナルストーリー
圭司と祐太郎の人物像が深く描かれる、〈生〉と〈死〉、〈記憶〉と〈記録〉をめぐる連作ミステリ!
『MISSING』『MOMENT』『WILL』などで「生」と「死」に直面した人々を描いてきた著者・本多孝好が今だからこそ書き得た新たな代表作。



『dele』あらすじ
『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』。
誰かが死ぬと、この事務所の仕事が始まるのだ。新入りの祐太郎が足を使って裏を取り、所長の圭司がデータを遠隔操作で削除する。淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに対し、祐太郎はどこか疑問を感じていた。
詐欺の証拠、異性の写真、隠し金――。
依頼人の秘密のファイルを覗いてしまった二人は、次々と事件に巻き込まれる。
この世を去った者の〈記録〉と、遺された者の〈記憶〉。
そこに秘められた謎と真相、込められた切なる想いとは。
『dele』著者:本多孝好 定価(本体640円+税)
発売日:2018年5月25日 発行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321712000447/



『dele2』あらすじ
所長の圭司の指示を受けて依頼人の死亡確認をする祐太郎は、この世と繋がる一筋の縁を切るような仕事に、いまだ割り切れないものを感じていた。
そんなある日、祐太郎の妹・鈴が通っていた大学病院の元教授・室田から依頼が舞い込む。
難病を患い、新薬の治験中に死亡した鈴。その真相に二人は近づくが……。
『dele2』著者:本多孝好 定価(本体640円+税)
発売日:2018年6月15日 発行:KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321712000448/


「デジタル遺品」という現代特有の身近なテーマでありながらこれまでに描かれたことのなかった内容に、読者からは「自分だったらこうしてほしい」「シリアスなテーマだと思ったのに優しい物語で泣けた」など大きな反響を呼び、『dele』は5月の発売後1ヵ月経たずに重版が決定。続編となる『dele2』が6月15日に発売された。ここでは、祐太郎の過去を掘り下げた展開が待ち受ける。
小説とドラマの両方を知ることで、より広い「dele」の世界観が楽しめる。


さらに楽しみたい方は……
【KADOKAWAアプリ】でマイルを貯めると『dele』スピンオフ(短編)が読める!



KADOKAWA公式のキャンペーン・ポータルアプリ【KADOKAWAアプリ】をインストールし、全国の対象書店でアプリを起動、「チェックイン」をするとマイルを獲得。貯まったマイルは人気作家の書き下ろし短編・エッセイやデジタル特典などのプレゼントと交換可能に。
本多孝好による書き下ろし短編小説『dele』スピンオフが7月17日(火)より配信予定!

アプリの詳細とダウンロードは https://70th.kadobun.jp/apps/ をご覧ください。