無貌の君へ、白紙の僕より

無貌の君へ、白紙の僕より

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049155211

無貌の君へ、白紙の僕より

  • 著者 にのまえ あきら
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049155211

電撃小説大賞受賞! これは偽りの君と透明な僕が描く、恋と復讐の物語。

なげやりな日々を送る高校生の優希。夏休み明けのある日、彼はひとり孤独に絵を描き続ける少女・さやかと出会う。
――私の復讐を手伝ってくれませんか。
六年前共に絵を学んだ少女は、人の視線を恐れ、目を開くことができなくなっていた。それでも人を描くことが自分の「復讐」であり、絶対にやり遂げたいという。
彼女の切実な思いを知った優希は絵の被写体として協力することに。
二人きりで過ごすなかで、優希はさやかのひたむきさに惹かれていく。しかし、さやかには優希に打ち明けていないもう一つの秘密があって……。
学校、家族、進路、友人――様々な悩みを抱える高校生の男女が「絵を描く」ことを通じて自らの人生を切り開いていく青春ラブストーリー。
なげやりな日々を送る高校生の優希。夏休み明けのある日、彼はひとり孤独に絵を描き続ける少女・さやかと出会う。
――私の復讐を手伝ってくれませんか。
六年前共に絵を学んだ少女は、人の視線を恐れ、目を開くことができなくなっていた。それでも人を描くことが自分の「復讐」であり、絶対にやり遂げたいという。
彼女の切実な思いを知った優希は絵の被写体として協力することに。
二人きりで過ごすなかで、優希はさやかのひたむきさに惹かれていく。しかし、さやかには優希に打ち明けていないもう一つの秘密があって……。
学校、家族、進路、友人――様々な悩みを抱える高校生の男女が「絵を描く」ことを通じて自らの人生を切り開いていく青春ラブストーリー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 無貌の君
幕間
第二章 白紙のあなた
終章 だから、君を見ようと思った

「無貌の君へ、白紙の僕より」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☑️青春群像劇的で謎解き要素有 ☑️キャラの造形も小気味よい会話も◎ ☑️数々の伏線回収に驚嘆と感動 ☑️二度読み不可避 ☑️映画化希望 序文からラストまでの構成力、表現の使い回しの繊細さ、会話のジャブの心地よさな ☑️青春群像劇的で謎解き要素有 ☑️キャラの造形も小気味よい会話も◎ ☑️数々の伏線回収に驚嘆と感動 ☑️二度読み不可避 ☑️映画化希望 序文からラストまでの構成力、表現の使い回しの繊細さ、会話のジャブの心地よさなど青春ものとしてハイレベルな出来。辛く楽しく愛おしい展開を経てラストに至るまでの伏線回収も見事。電撃小説大賞受賞も納得。 登場人物はで美澄のヒロイン力の高さ、木谷先生の名脇役っぷりが目についた。特に木谷先生の助演男優賞級の活躍が物語に厚みをもたらしたかと。とにかく素晴らしいのでぜひご一読を。 …続きを読む
    弐拾七式(ななしき)
    2024年04月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品