あなたと家族を守る がんと診断されたら最初に読む本

あなたと家族を守る がんと診断されたら最初に読む本

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048976978

あなたと家族を守る がんと診断されたら最初に読む本

  • 著者 勝俣 範之
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784048976978

慌てない、焦らない、あきらめないための、いちばんやさしい「がん入門書」

日本人が一生のうちにがんと診断される確率は2人に1人。国民病と言われながら、その治療法について詳しく知らない人がほとんどです。
そこで、抗がん剤治療のパイオニアであり、「がんの総合内科医」として、検査の相談から治療方針の決定、緩和ケア、治療費の助成アドバイスまで、
日々、患者の生活の質を支える医療を実践している勝俣範之氏が、「いちばんやさしい、がんの入門書」をまとめました。

納得する治療を受けるための病院選びから、チーム医療の医師やスタッフとのコミュニケーションの取り方、
ステージによって変わっていく治療の目的、代替医療、緩和ケアについてなど、
患者と家族が最も知りたかったこと、知らなかったことまで、丁寧にわかりやすく解説します。

特に、第5章では、治療と仕事の両立の工夫や、治療費を助成する公的制度、ことに「障害年金」の申請方法まで徹底的にガイド。
がんと診断されても、焦らず、慌てず、諦めないための、すぐに役立つ、決定版です。
日本人が一生のうちにがんと診断される確率は2人に1人。国民病と言われながら、その治療法について詳しく知らない人がほとんどです。
そこで、抗がん剤治療のパイオニアであり、「がんの総合内科医」として、検査の相談から治療方針の決定、緩和ケア、治療費の助成アドバイスまで、
日々、患者の生活の質を支える医療を実践している勝俣範之氏が、「いちばんやさしい、がんの入門書」をまとめました。

納得する治療を受けるための病院選びから、チーム医療の医師やスタッフとのコミュニケーションの取り方、
ステージによって変わっていく治療の目的、代替医療、緩和ケアについてなど、
患者と家族が最も知りたかったこと、知らなかったことまで、丁寧にわかりやすく解説します。

特に、第5章では、治療と仕事の両立の工夫や、治療費を助成する公的制度、ことに「障害年金」の申請方法まで徹底的にガイド。
がんと診断されても、焦らず、慌てず、諦めないための、すぐに役立つ、決定版です。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章 がんの診断で確認する大事な3つのこと
1-1 がんと共存しながら生きていく がんは増ええているが なっても諦めない
1-2 がんの疑いから確定診断までは長い がんが確定するまでの検査と流れ、そして告知
1-3 がんの確定診断を聞きに行く がんの診断で確認したい3つの大事なこと
1-4 確定診断にのぞむときの準備と心がまえ 信頼できる人と一緒にメモや録音の準備をして
1-5 多くの患者さんが質問する「がんの原因」とは  など

第2章 納得する治療を受けるために
2-1 患者さんと医師が意思決定を共有する やり直しができないからがん治療は最初が大事
2-2 専門家や患者さんがワンチームの治療 現在のがん治療はチーム医療が基本
2-3 3つの要素で構成される最善の治療 根拠に基づいた医療でより良い治療を目指す
2-4 治療についてもっと知りたいときに 医師との上手なコミュニケーションとは
2-5 納得のいく病院で治療を受けたい 確定診断を受けた病院で治療する決まりはない
2-6 診断や治療方針について確認したいとき セカンドオピニオンで別の医師に意見を聞く
2-7 病院選びのチェックポイント など

第3章 標準治療が世界的に最善で一流の治療法
3-1 最も効果が期待できるのは保険適用の「標準治療」
3-2 3大治療の最適な組み合わせが標準治療 標準治療は患者ごとのカスタムメイドで行われる
3-3 がんの3大治療 1、手術 
3-4 がんの3大治療 2、放射線治療 
3-5 がんの3大治療 3、薬物療法(抗がん剤治療) 
3-6 抗がん剤の副作用について など

第4章 診断の直後から同時進行 緩和ケア
4-1 がんにともなう心身の痛みを和らげる 緩和ケアは、がん診断の直後から始まる
4-2 どこで緩和ケアが受けられるか 
4-3 患者の家族も緩和ケアの対象  など

第5章 治療費と仕事のおトクな公的制度とサービス
5-1 仕事か治療かの二者択一ではない がんになったからといって仕事は辞めないで
5-2 がんの治療費は高額になっている 公的制度をとことん利用する準備を
5-3 1か月の医療費には上限が設定されている 一定額以上は戻ってくる高額療養費制度
5-4 治療・入院費のほか通院のための交通費も対象 確定申告の医療費控除でさまざまな費用を取り戻す
5-5 途中で出勤しても通算でもらえる 会社を休職したら傷病手当金を
5-6 65歳未満でも働きながら年金がもらえる 診断から1年6か月異常経過していたら障害年金  など

最近チェックした商品