美大生・月浪縁の怪談

美大生・月浪縁の怪談

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784040752983
label

美大生・月浪縁の怪談

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784040752983

美大の怪談は、おもしろい

 都内美大の映像科に通う芦屋啓介は困っていた。
「写真に男が映る。削除できない」と言う親友の様子がおかしい。
 啓介が彼の怪奇現象に巻き込まれそうになった時、日本画科の美しい少女、月浪縁に救われる。
 縁には「絵に描いた人間に怪奇現象が起こると絵に異変が現れる」という特殊能力があった。
 それを生かして人助けをする彼女に啓介は手伝いを申し出る。
 そして啓介は縁を中心に巻き起こる不可思議な世界を知っていき――。

「君にも語るべき怪談があるはずだ」

 美大の怪談は、おもしろい。
 都内美大の映像科に通う芦屋啓介は困っていた。
「写真に男が映る。削除できない」と言う親友の様子がおかしい。
 啓介が彼の怪奇現象に巻き込まれそうになった時、日本画科の美しい少女、月浪縁に救われる。
 縁には「絵に描いた人間に怪奇現象が起こると絵に異変が現れる」という特殊能力があった。
 それを生かして人助けをする彼女に啓介は手伝いを申し出る。
 そして啓介は縁を中心に巻き起こる不可思議な世界を知っていき――。

「君にも語るべき怪談があるはずだ」

 美大の怪談は、おもしろい。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

「第一章 ドッペルゲンガー」

「第二章 仮面」

「第三章 コレクション」

「第四章 麒麟の筆」

「エピローグ」

「美大生・月浪縁の怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人の絵を描くことで、その人に異変が起こるかどうかがわかる能力を持つ美大生の月浪縁が、怪談を語ることで怪異から人を救う物語。 様々なタイプの美大生、そして怪異が出てきて楽しかったです。 縁と啓介との距離 人の絵を描くことで、その人に異変が起こるかどうかがわかる能力を持つ美大生の月浪縁が、怪談を語ることで怪異から人を救う物語。 様々なタイプの美大生、そして怪異が出てきて楽しかったです。 縁と啓介との距離感も好き。 『麒麟の筆』の啓介がすごく格好良かった。 友人を助けてもらったお礼だけではなく、共に事件に関わってきたことで、単純に縁のことを大切だと思うようになった気持ちからの言動にグッときました。 …続きを読む
    なみ
    2024年02月21日
    10人がナイス!しています
  • 初読みの作家さん。タイトルと帯文に惹かれて購入。猫を連想させる主人公の月浪縁のキャラクター性が好きです。主人公のお母さん、お兄さんも個性的で面白い。主人公と彼女を手伝う同級生を通して、共に不可思議な現 初読みの作家さん。タイトルと帯文に惹かれて購入。猫を連想させる主人公の月浪縁のキャラクター性が好きです。主人公のお母さん、お兄さんも個性的で面白い。主人公と彼女を手伝う同級生を通して、共に不可思議な現象を体験しているようだった。美大を卒業してそれぞれの進路が決まるまでシリーズとして読みたい。 …続きを読む
    マッケンジー
    2024年02月18日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品