境界のメロディ

境界のメロディ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049154979
label

境界のメロディ

  • 著者 宮田 俊哉
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049154979

宮田俊哉(Kis-My-Ft2)が贈る、少年たちの痛切な音楽×青春小説

 メジャーデビュー目前にして相方のカイを事故で亡くしたキョウスケは、音楽から距離を置き無気力に生きていた。しかし事故から3年。突然カイがキョウスケの前に現れる。
「生きていても、何もやらずに止まったままだったら、死んでるのと一緒じゃん」
 生前と変わらない歯に衣着せぬ物言い。そして思わずつられて笑顔になってしまう強引さ。キョウスケはカイに説得され再び音楽の世界と向き合い、共に音を重ねる喜びを感じる。でも、カイとの幸せな時間は永遠ではなくて――。

 2人の音が交わるとき世界は色を取り戻す――。
 メジャーデビュー目前にして相方のカイを事故で亡くしたキョウスケは、音楽から距離を置き無気力に生きていた。しかし事故から3年。突然カイがキョウスケの前に現れる。
「生きていても、何もやらずに止まったままだったら、死んでるのと一緒じゃん」
 生前と変わらない歯に衣着せぬ物言い。そして思わずつられて笑顔になってしまう強引さ。キョウスケはカイに説得され再び音楽の世界と向き合い、共に音を重ねる喜びを感じる。でも、カイとの幸せな時間は永遠ではなくて――。

 2人の音が交わるとき世界は色を取り戻す――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「境界のメロディ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • メジャーデビュー目前にして相方のカイを事故で亡くしたキョウスケ。それから3年が経過して、音楽から距離を置き無気力に生きていた彼の前に突然カイが現れる青春小説。生前と変わらない歯に衣着せぬ物言い。そして メジャーデビュー目前にして相方のカイを事故で亡くしたキョウスケ。それから3年が経過して、音楽から距離を置き無気力に生きていた彼の前に突然カイが現れる青春小説。生前と変わらない歯に衣着せぬ物言い。そして思わずつられて笑顔になってしまう強引さ。カイに説得され再び音楽の世界と向き合い、共に音を重ねる喜びを感じてゆくキョウスケ。さらに彼だけでなく、2人にとって大切な存在だったユイや、カイの父、切磋琢磨していたライバルたちと、前に進めずにいた人たちにも向き合ってその背中を押してゆく切なくてとても素敵な物語でしたね。 …続きを読む
    よっち
    2024年05月27日
    24人がナイス!しています
  • シンプルなストーリーとキャラクターで、文章としては丁寧に描かれた作品でしたね。 失ったもの、過ぎる時間の中で立ち止まった人達が、再び歩き出す物語。 入り、中盤、後半の流れと物語の波の動きも文章も王道とい シンプルなストーリーとキャラクターで、文章としては丁寧に描かれた作品でしたね。 失ったもの、過ぎる時間の中で立ち止まった人達が、再び歩き出す物語。 入り、中盤、後半の流れと物語の波の動きも文章も王道という感じで面白かった。  ただ、面白かったのですけど個人的には良くも悪くもさらっとしてる肌触りで、没入感というよりは画面を通して見ているイメージの作品でしたね。 …続きを読む
    和尚
    2024年05月24日
    17人がナイス!しています
  • 音楽を諦めたキョウスケの前に現れたのは、バンドを一緒に組んでいたが交通事故で亡くなったカイだった。 キャラクターたちがそれぞれ魅力的。 2章が一番、物語の世界に入り込めて好き。 文章が説明文っぽくなって、 音楽を諦めたキョウスケの前に現れたのは、バンドを一緒に組んでいたが交通事故で亡くなったカイだった。 キャラクターたちがそれぞれ魅力的。 2章が一番、物語の世界に入り込めて好き。 文章が説明文っぽくなって、物語に入り込めない所があった。 …続きを読む
    さくらさく
    2024年05月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品