和本への招待 日本人と書物の歴史

和本への招待 日本人と書物の歴史

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044007973
label

和本への招待 日本人と書物の歴史

  • 著者 橋口 侯之介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044007973

神田神保町の老舗・誠心堂書店の店主が、豊饒な書物の歴史を解き明かす。

平安時代の『源氏物語』から、蔦屋重三郎が手がけた黄表紙をはじめとする草双紙、山東京伝の洒落本、歌麿や北斎の挿絵入り絵本。1300年以上の歴史を持つ和本は、日本人の知恵と美意識の結晶である。結び綴とも呼ばれる、組紐を使った大和綴。高度な製本技術を必要とし、数葉ずつ重ねて糸で縫う列帖装など、手にとって愉しめる伝統文化を、神田神保町の老舗・誠心堂書店の店主が丁寧に解説。豊饒な書物の歴史を解き明かす。 平安時代の『源氏物語』から、蔦屋重三郎が手がけた黄表紙をはじめとする草双紙、山東京伝の洒落本、歌麿や北斎の挿絵入り絵本。1300年以上の歴史を持つ和本は、日本人の知恵と美意識の結晶である。結び綴とも呼ばれる、組紐を使った大和綴。高度な製本技術を必要とし、数葉ずつ重ねて糸で縫う列帖装など、手にとって愉しめる伝統文化を、神田神保町の老舗・誠心堂書店の店主が丁寧に解説。豊饒な書物の歴史を解き明かす。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 千年前の『源氏物語』を復元する
第二章 中世の本づくりを担った人びと
第三章 売れる本づくり
第四章 世界的にも稀な江戸時代の出版形態
第五章 揺れ動く〈本〉と〈草〉

最近チェックした商品