教え子とキスをする。バレたら終わる。2

教え子とキスをする。バレたら終わる。2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049154443
label

教え子とキスをする。バレたら終わる。2

  • 著者 扇風気 周
  • イラスト こむぴ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049154443

恋愛依存の教え子と重ねていく過ちは、同棲によりさらに加速していく――

 暮井先生との一件を経て、俺と桐原は一時的に離れはしたが元の“秘密の悪い関係”に戻った。ただ戻っただけじゃなく、互いへの想いをより深める形で。そんなとき、恩人で元カノの高神柚香――ユズが現れ、家に置いてほしいと頼み込んできて……。
 葛藤の末、恩を返すために条件付きで居候を認めるも、ユズはよりを戻そうとあの手この手で誘ってくる。迷いの中で桐原にも相談できず、我慢だけが積み重なっていき――。
 大切だからこそ、悩んで、抱えて、見えなくなる。それでもやっぱり大事にしたくて……。目を覚まし、桐原に解決策として相談したのは、俺と桐原の“同棲”だった――。
 暮井先生との一件を経て、俺と桐原は一時的に離れはしたが元の“秘密の悪い関係”に戻った。ただ戻っただけじゃなく、互いへの想いをより深める形で。そんなとき、恩人で元カノの高神柚香――ユズが現れ、家に置いてほしいと頼み込んできて……。
 葛藤の末、恩を返すために条件付きで居候を認めるも、ユズはよりを戻そうとあの手この手で誘ってくる。迷いの中で桐原にも相談できず、我慢だけが積み重なっていき――。
 大切だからこそ、悩んで、抱えて、見えなくなる。それでもやっぱり大事にしたくて……。目を覚まし、桐原に解決策として相談したのは、俺と桐原の“同棲”だった――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「教え子とキスをする。バレたら終わる。2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 暮井先生との一件を経て、一時的に離れはしたものの最終的に元の秘密の関係に戻った羽島銀と桐原灯佳。そこに、恩人で元カノの高神柚香が現れる第2弾。同棲相手と上手く行かなくなり、仕事も辞めて銀のもとに転がり 暮井先生との一件を経て、一時的に離れはしたものの最終的に元の秘密の関係に戻った羽島銀と桐原灯佳。そこに、恩人で元カノの高神柚香が現れる第2弾。同棲相手と上手く行かなくなり、仕事も辞めて銀のもとに転がり込んできた柚香。葛藤の末、恩を返すために条件付きで居候を認めるも、よりを戻そうとあの手この手で誘ってくるユズに、考えに考え抜いた末の決断。並行して進む文化祭の準備も絡めながらの展開で、期間限定の同棲で甘えはしてもそれ以上はしっかりしていて二人の覚悟も感じられた結末でしたけど、これは意外な展開になりましたね…。 …続きを読む
    よっち
    2024年02月11日
    26人がナイス!しています
  • 暮井先生との一件を経て桐原との絆がより深まった銀の前に現れたのは元カノの柚香。彼女が銀に家に置いてほしいと頼み込んでくる今回は、実は銀のことを忘れられていなかった柚香が、銀と桐原の二人を随分振り回すこ 暮井先生との一件を経て桐原との絆がより深まった銀の前に現れたのは元カノの柚香。彼女が銀に家に置いてほしいと頼み込んでくる今回は、実は銀のことを忘れられていなかった柚香が、銀と桐原の二人を随分振り回すことになりましたね。そんな彼女の猛攻にも関わらず桐原への思いを貫く銀の誠実さが頼もしいし、現状を知った桐原が思った以上に取り乱さなかったのは二人の信頼関係が十分醸成されているからだなと嬉しく思いました。でもそれだけに、今回で退場しなかった柚香が今後の展開に果たす役割が気になりますね。続きを楽しみにしています。 …続きを読む
    芳樹
    2024年02月12日
    24人がナイス!しています
  • 同棲中の恋人から追い出された元カノ、柚香を家に泊めることになる中、寄りを戻そうとしてくる彼女から逃れる為、灯佳と同棲する事になる今巻。―――待つのが滅びでも、もう選んだからにはこの道を。 元カノであり銀 同棲中の恋人から追い出された元カノ、柚香を家に泊めることになる中、寄りを戻そうとしてくる彼女から逃れる為、灯佳と同棲する事になる今巻。―――待つのが滅びでも、もう選んだからにはこの道を。 元カノであり銀にまだ思いを寄せる柚香が登場し、家でも心休まらぬ時が出来る巻であり、そんな中でも灯佳への思いを貫くべく、振り回されながらも芯を通そうとする、更に愛が深まっていく巻である。もう少しだけ続く、柚香との関係。選ばれたのは意外な選択肢。果たしてこの先、待っているのは幸せか破滅か。 次巻も勿論楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2024年02月13日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品