いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?

いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049153422
label

いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784049153422

真面目なはずの委員長、二人きりの時だけワル可愛い!

 何となく家にいづらい俺は、夜の繁華街でバイトをしている。ある日、暴漢に絡まれているギャルを助けたら……その正体は、クラス委員長の吉野紗良さんだった!
「いつもきっちりしてると疲れちゃうんだ。だからたまに、素の自分に『変身』してるの」
 仲間意識を持った俺たちは、素顔を見せあえる秘密の友達関係に。

「と言っても、まさか高校生にもなって女子と石投げ遊びをするとは」
「いいじゃん、楽しいし! あ、一緒に駄菓子屋にも行きたいな!」

 実は無邪気で子供っぽい吉野さん。自然体で過ごす「ちょっと悪い」友達関係が始まる!
 何となく家にいづらい俺は、夜の繁華街でバイトをしている。ある日、暴漢に絡まれているギャルを助けたら……その正体は、クラス委員長の吉野紗良さんだった!
「いつもきっちりしてると疲れちゃうんだ。だからたまに、素の自分に『変身』してるの」
 仲間意識を持った俺たちは、素顔を見せあえる秘密の友達関係に。

「と言っても、まさか高校生にもなって女子と石投げ遊びをするとは」
「いいじゃん、楽しいし! あ、一緒に駄菓子屋にも行きたいな!」

 実は無邪気で子供っぽい吉野さん。自然体で過ごす「ちょっと悪い」友達関係が始まる!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「いつもは真面目な委員長だけどキミの彼女になれるかな?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • デビュー作「オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど」が大好きなので読んでみた。前の話は大人の恋だけど今回は高校生のお話。一度不登校になったことのある辻尾陽都と親が議員で完璧妹を持つ デビュー作「オタク同僚と偽装結婚した結果、毎日がメッチャ楽しいんだけど」が大好きなので読んでみた。前の話は大人の恋だけど今回は高校生のお話。一度不登校になったことのある辻尾陽都と親が議員で完璧妹を持つクラス委員長の吉野紗良はとある繫華街で偶然の出会いとなる。吉野さんが完璧でいなければならない学校や公の部分と本当はそうでない自分。壊れそうで不安定な吉野さんの心を辻尾君が理解し受け入れる。二人の関係性がとても良い。物語は続くが二人の公的な立ち位置が違うのでこれから苦難をどう乗り越えるのが見所となりそうですね。 …続きを読む
    なっぱaaua
    2023年12月27日
    44人がナイス!しています
  • 初読み作家さん。ポップで駆け抜けるような文章表現が、本作のような明るい作品にマッチしていてとても上手だと感じました。お互いの秘密の姿を二人だけが知っているというラブコメディで、素の二人のやり取りの無邪 初読み作家さん。ポップで駆け抜けるような文章表現が、本作のような明るい作品にマッチしていてとても上手だと感じました。お互いの秘密の姿を二人だけが知っているというラブコメディで、素の二人のやり取りの無邪気さが微笑ましく、好き!楽しい!という気持ちがストレートに伝わってくるのが良き。一方で、二人が抱える閉塞感は思春期を過ごす皆が感じるものだと思うし、だからこそそれを乗り越えて進もうとする二人の姿に青春を感じて温かい気持ちになるのです。最後に一言、ヒロインの吉野さんが目茶苦茶可愛い!続きを楽しみにしています。 …続きを読む
    芳樹
    2024年01月06日
    43人がナイス!しています
  • 中学時代に引きこもりだったことがあり、夜の繁華街でバイトをしている高校生の辻尾陽都。ある日、暴漢に絡まれているギャルを助けたら、それがクラス委員長の吉野紗良さんだったことに気づく青春小説。学校とはまた 中学時代に引きこもりだったことがあり、夜の繁華街でバイトをしている高校生の辻尾陽都。ある日、暴漢に絡まれているギャルを助けたら、それがクラス委員長の吉野紗良さんだったことに気づく青春小説。学校とはまた違った一面を見せる紗良を知り、仲間意識を感じて素顔を見せあえる秘密の友達関係になった陽都。学校でふとした折に密かに交わされる些細なやり取りを積み重ね、一方で一緒に図書館で勉強したり遊んだり、穢して欲しいという彼女が抱える苦悩に寄り添う中で育まれてゆくかけがえのない絆があって、そんな二人のこれからが楽しみです。 …続きを読む
    よっち
    2023年12月08日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品