紅霞後宮物語 中幕 愛しき黄昏

紅霞後宮物語 中幕 愛しき黄昏

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年11月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040751610
label

紅霞後宮物語 中幕 愛しき黄昏

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年11月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040751610

「紅霞後宮物語」名脇役たちの唯一無二の人生と、小玉の「その後」の物語

「紅霞後宮物語」の名脇役たちにも唯一無二の人生があった。

 死を目前にした賢恭の病床に現れた清喜は、彼と過去を語り合う。
 清喜は幼い頃の自分は根暗だったと言い……。(「清喜と賢恭」)

 後宮の重鎮、梅花と麗丹の初対面は険悪なものだった。梅花の知られざる過去も明らかになる。(「梅花と麗丹」)

 さらに後宮を出た後の小玉のもとに、あの人が尋ねてくる。そして迎えた本当の結末とは――。

 大人気シリーズ「紅霞後宮物語」名脇役たちの物語と最高の幕引きを含む、珠玉の短編集。
「紅霞後宮物語」の名脇役たちにも唯一無二の人生があった。

 死を目前にした賢恭の病床に現れた清喜は、彼と過去を語り合う。
 清喜は幼い頃の自分は根暗だったと言い……。(「清喜と賢恭」)

 後宮の重鎮、梅花と麗丹の初対面は険悪なものだった。梅花の知られざる過去も明らかになる。(「梅花と麗丹」)

 さらに後宮を出た後の小玉のもとに、あの人が尋ねてくる。そして迎えた本当の結末とは――。

 大人気シリーズ「紅霞後宮物語」名脇役たちの物語と最高の幕引きを含む、珠玉の短編集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

・清喜と賢恭

・梅花と麗丹

・ぶん(雨冠に「文」)凰と明慧

・小玉と後宮

同じシリーズの作品

「紅霞後宮物語 中幕 愛しき黄昏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 脇キャラ達の生い立ちなどが語られた巻。沈賢恭の想いがそこまでのものと思わず意外でした。最後の今も、見たかった景色なんだなぁって思えて、小玉は幸せだなぁって思いました。 脇キャラ達の生い立ちなどが語られた巻。沈賢恭の想いがそこまでのものと思わず意外でした。最後の今も、見たかった景色なんだなぁって思えて、小玉は幸せだなぁって思いました。
    はなりん
    2024年01月03日
    11人がナイス!しています
  • ★★★ ★★★
    毎日が日曜日
    2023年12月13日
    7人がナイス!しています
  • 中幕と言うだけあって、周りの人達の過去話。語り口はそのままに「そうだったのか」と思わせる内容。そもそも物語として心象風景を軸に綴られていたから、説明が丁寧ではなかった。その補足として追記されたのか、納 中幕と言うだけあって、周りの人達の過去話。語り口はそのままに「そうだったのか」と思わせる内容。そもそも物語として心象風景を軸に綴られていたから、説明が丁寧ではなかった。その補足として追記されたのか、納得の内容。 …続きを読む
    万論
    2023年11月21日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品