仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて2

仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年09月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784041140673
label

仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて2

  • 著者 望 公太
  • イラスト しの
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年09月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784041140673

厳しい上司の裏の顔!? あなただけが知る彼女の姿――。

 容姿、スタイル、共に完璧な美人上司・桃生結子から「子作りしてほしい」とペアリングを求められた、若手社員の実沢春彦。
『“好き”になったらおしまい』という約束の上で始まった関係にもかかわらず、本気で彼女を好きになってしまった事実に気付き、実沢が葛藤する日々を送る中、桃生はといえば――
“どうして実沢くんの方からは一度も誘ってくれないのか”“もしかして、私に魅力がないせいなのか”
と悶々とした日々を過ごす。その悩む気持ちがどこから来ているのか、自身の気持ちと向き合うことを避けながら――。
 ふたりの気持ちは平行線? 葛藤と激動の大人ラブコメ第2巻!
 容姿、スタイル、共に完璧な美人上司・桃生結子から「子作りしてほしい」とペアリングを求められた、若手社員の実沢春彦。
『“好き”になったらおしまい』という約束の上で始まった関係にもかかわらず、本気で彼女を好きになってしまった事実に気付き、実沢が葛藤する日々を送る中、桃生はといえば――
“どうして実沢くんの方からは一度も誘ってくれないのか”“もしかして、私に魅力がないせいなのか”
と悶々とした日々を過ごす。その悩む気持ちがどこから来ているのか、自身の気持ちと向き合うことを避けながら――。
 ふたりの気持ちは平行線? 葛藤と激動の大人ラブコメ第2巻!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【BW】『好きになったら関係は終わり』という約束だけど、桃生さんのことを本気で好きになった実沢くん。その一方で桃生さんは?ということで、今回は桃生さんの気持ちの変化に焦点が当たります。そこに愛情は無く、 【BW】『好きになったら関係は終わり』という約束だけど、桃生さんのことを本気で好きになった実沢くん。その一方で桃生さんは?ということで、今回は桃生さんの気持ちの変化に焦点が当たります。そこに愛情は無く、ただ妊娠のみを目的とするドライな関係も、身体を重ねて互いを知れば情も湧くというもの。まして自分の過去を知っても、自分のあり方を肯定してくれる相手であればなおのこと。実沢から向けられる感情に気付きながら彼に「終わり」を告げられない桃生さんは、この爛れた関係をどうしようというのか。続きを楽しみにしています。 …続きを読む
    芳樹
    2023年09月03日
    35人がナイス!しています
  • 美人上司・桃生結子から「子作りしてほしい」とペアリングを求められた若手社員の実沢。『好きになったらおしまい』という約束の上で始まった関係に葛藤する日々を送る第二弾。本気で結子を好きになってしまい、どう 美人上司・桃生結子から「子作りしてほしい」とペアリングを求められた若手社員の実沢。『好きになったらおしまい』という約束の上で始まった関係に葛藤する日々を送る第二弾。本気で結子を好きになってしまい、どうすればいいのか悩む実沢。どうして彼の方から誘ってくれないのかと悶々とした日々を過ごす結子、そしてかつて苦しい時に手を差し伸べてくれた実沢を意識する同期の存在。なるべくしてなった展開で、実沢の一途な想いはどう見ても一目瞭然で、だからこそ離婚の過去も掘り下げられた彼女が逡巡するもう一つの事情が気になるところです。 …続きを読む
    よっち
    2023年09月02日
    30人がナイス!しています
  • ★★★★★どちらかが相手に本気になったら関係を終わらせる、という約束のせいで彼女のことを好きな気持ちを隠しながらペアリングと称した子作りを続ける主人公。ヒロインの方はヒロインの方で、彼から迫られないことを ★★★★★どちらかが相手に本気になったら関係を終わらせる、という約束のせいで彼女のことを好きな気持ちを隠しながらペアリングと称した子作りを続ける主人公。ヒロインの方はヒロインの方で、彼から迫られないことを不満に感じていて…な2巻。今回も面白かった。仕事は有能なのに恋愛になると途端にポンコツになるところは今回も健在で良かった。年齢的な壁、立場的な壁、あくまでビジネスライクな関係からくる壁に、主人公を想う彼の同期の存在までも相まって確かにすれ違うのもやむなしだったとは思うものの、 …続きを読む
    わたー
    2023年09月07日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品