仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて3

仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784041144824
label

仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて3

  • 著者 望 公太
  • イラスト しの
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
232
ISBN:
9784041144824

気付いてしまった本心《きもち》――でも、あと少しだけ。

「いらっしゃい」「お邪魔します」
 すでに慣れたやり取りで桃生の部屋に呼ばれ、いつものよう
にペアリング――恋人じゃない二人の、いつもの日常。
 桃生への恋を自覚した実沢、それに気づかないフリをする桃
生。『“好き”になったらおしまい』という約束で始まった関
係の中、二人は矛盾した行動に気付きつつも、もう少しだけ、
もう少しだけ――と結論を先延ばしにする日々を送る。
 しかし、運命のクリスマスの日、桃生はある決意を口にする。 
「楽しかった。夢みたいに楽しかった。だから――」
 歪な関係から始まった二人の行く先は――大人ラブコメ3巻!
「いらっしゃい」「お邪魔します」
 すでに慣れたやり取りで桃生の部屋に呼ばれ、いつものよう
にペアリング――恋人じゃない二人の、いつもの日常。
 桃生への恋を自覚した実沢、それに気づかないフリをする桃
生。『“好き”になったらおしまい』という約束で始まった関
係の中、二人は矛盾した行動に気付きつつも、もう少しだけ、
もう少しだけ――と結論を先延ばしにする日々を送る。
 しかし、運命のクリスマスの日、桃生はある決意を口にする。 
「楽しかった。夢みたいに楽しかった。だから――」
 歪な関係から始まった二人の行く先は――大人ラブコメ3巻!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「仕事帰り、独身の美人上司に頼まれて3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 慣れたやり取りで桃生の部屋に呼ばれ、いつものようにペアリング―恋人じゃない二人のいつもの日常。気付いてしまった本心をだんだん隠しきれなくなってゆく第3弾。桃生への恋を自覚した実沢と、それに気づかないフリ 慣れたやり取りで桃生の部屋に呼ばれ、いつものようにペアリング―恋人じゃない二人のいつもの日常。気付いてしまった本心をだんだん隠しきれなくなってゆく第3弾。桃生への恋を自覚した実沢と、それに気づかないフリをする桃生。矛盾した行動に気付きつつも、もう少しだけもう少しだけと結論を先延ばしにする日々を送った二人の結末。桃生の何とも複雑な事情も掘り下げられる中で、素直になれないがゆえにすれ違うもどかしさが何とも切なかったですけど、ちゃんと二人で向き合えて良かったです。実沢の同期・鹿又の存在もなかなか効いていました。 …続きを読む
    よっち
    2024年02月01日
    33人がナイス!しています
  • 【BW】『好きになったらおしまい』と知っていても、この胸に抱える思いはもう隠せない。クリスマスを控えた運命の日、実沢は衝動的に自分の想いを桃生さんに伝えてしまって…という第3巻。面倒くさい大人になっても、 【BW】『好きになったらおしまい』と知っていても、この胸に抱える思いはもう隠せない。クリスマスを控えた運命の日、実沢は衝動的に自分の想いを桃生さんに伝えてしまって…という第3巻。面倒くさい大人になっても、やはり本音でぶつかり合う以外に互いの気持ちを理解できることはない。それを思い知らされました。予定調和の王道展開ですが、身体だけの関係から始まったラブコメの終着点としては、これ以上ないというくらいのハッピーエンドで何よりです。これまでに無い尖った設定ですが、実に楽しい”大人の”ラブコメでした。 …続きを読む
    芳樹
    2024年02月13日
    32人がナイス!しています
  • ★★★★★完結。面白かった。ヒロインへの恋心を隠せていると思い込む主人公と、主人公の抱いている恋心に勘付いているヒロイン。そんな歪な状態が長く続くわけもなく、ふとした瞬間に主人公の想いが溢れてしまう…ところ ★★★★★完結。面白かった。ヒロインへの恋心を隠せていると思い込む主人公と、主人公の抱いている恋心に勘付いているヒロイン。そんな歪な状態が長く続くわけもなく、ふとした瞬間に主人公の想いが溢れてしまう…ところからの、肉体関係だけだった二人が真の意味でパートナーとなる展開が描かれていた。確かに、伏線をさらっと回収していたりとやや駆け足気味ではあったものの、普通じゃない関係から始まった二人の物語の結末としてはこれ以上ないモノだったと思う。 …続きを読む
    わたー
    2024年02月12日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品