父がしたこと

父がしたこと

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041140161

父がしたこと

  • 著者 青山 文平
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041140161

武士が護るべきは、主君か、家族か。胸に迫る医療時代小説!

目付の永井重彰は、父で小納戸頭取の元重から御藩主の病状を告げられる。居並ぶ漢方の藩医の面々を差し置いて、手術を依頼されたのは在村医の向坂清庵。向坂は麻沸湯による全身麻酔を使った華岡流外科の名医で、重彰にとっては、生後間もない息子・拡の命を救ってくれた恩人でもあった。御藩主の手術に万が一のことが起これば、向坂の立場は危うくなる。そこで、元重は執刀する医師の名前を伏せ、手術を秘密裡に行う計画を立てるが……。御藩主の手術をきっかけに、譜代筆頭・永井家の運命が大きく動き出す。 目付の永井重彰は、父で小納戸頭取の元重から御藩主の病状を告げられる。居並ぶ漢方の藩医の面々を差し置いて、手術を依頼されたのは在村医の向坂清庵。向坂は麻沸湯による全身麻酔を使った華岡流外科の名医で、重彰にとっては、生後間もない息子・拡の命を救ってくれた恩人でもあった。御藩主の手術に万が一のことが起これば、向坂の立場は危うくなる。そこで、元重は執刀する医師の名前を伏せ、手術を秘密裡に行う計画を立てるが……。御藩主の手術をきっかけに、譜代筆頭・永井家の運命が大きく動き出す。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「父がしたこと」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 青山 文平は、新作中心に読んでいる作家です。時代小説にしては、珍しいタイトルだと思って読み進めましたが、正に「父がしたこと」でした。ここまで詳細でリアルな医療時代小説は初めてです。江戸時代に麻酔を伴う 青山 文平は、新作中心に読んでいる作家です。時代小説にしては、珍しいタイトルだと思って読み進めましたが、正に「父がしたこと」でした。ここまで詳細でリアルな医療時代小説は初めてです。江戸時代に麻酔を伴う外科手術を行っていたとは知りませんでした。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322304000754/ …続きを読む
    starbro
    2024年02月13日
    179人がナイス!しています
  • 幕末の外科医療は黎明期。諸国で実例はみかけてもブラックジャックの世界は遠い現実。麻酔導入のうえ肛門外科手術に立ち会うこととなった忠臣・永井元重と重彰親子。執刀医は重彰の赤子を救った市井の名医向坂。そし 幕末の外科医療は黎明期。諸国で実例はみかけてもブラックジャックの世界は遠い現実。麻酔導入のうえ肛門外科手術に立ち会うこととなった忠臣・永井元重と重彰親子。執刀医は重彰の赤子を救った市井の名医向坂。そして患者は永井親子に信を置く藩主。ん~なかなかない舞台設定。医療知識や道具・薬、そして偏見と先入観。今と比較しようもないが、藩主を死地に送りこむかのような永井親子の重圧やいかに…。清廉で実直で。父、子、夫、家臣。生きざまに違いはあれど各々の立ち位置で人知れず悩みもがく元重、重彰。その葛藤は我々と地続きではある。 …続きを読む
    とん大西
    2024年02月11日
    103人がナイス!しています
  • 藩主が全身麻酔による外科手術を望み、小納戸頭取の永井元重と息子で目付の重彰は秘密裏に手術を画策した。失敗すれば両名も医師も無傷では済まされない。しかし父も医師も尊敬できる人物で、何もかもうまく行くよう 藩主が全身麻酔による外科手術を望み、小納戸頭取の永井元重と息子で目付の重彰は秘密裏に手術を画策した。失敗すれば両名も医師も無傷では済まされない。しかし父も医師も尊敬できる人物で、何もかもうまく行くように思えたが…最後の10ページ足らずで呆然とする。何て言うこと! …続きを読む
    itica
    2024年01月08日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品