老人と海

老人と海

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784041139257
label

老人と海

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
160
ISBN:
9784041139257

かつて読んだ人も、初めて読む人も。いま、歴史的名作を「新解釈」で!

老漁師サンティアーゴには、もう84日間も釣果がなかった。幼い頃から老人の見習いをしていたマノーリンは、一人前の漁師となったいまも老人を慕い、生活を気づかう。老人はそんなマノーリンをたのもしく思いながら、まだ自身のプライドも捨ててはいなかった。
翌朝、ひとりで漁に出た老人の釣縄に、巨大なカジキがかかる。そこから、老人とカジキの命を賭けた闘いが始まった。不眠不休の極限を超える死闘のなかで、老人は次第にカジキへの畏敬の念と、強い絆を感じるようになっていく。やがて運命の瞬間が訪れ、満身創痍となった老人に、しかし海は、さらなる試練を課すのだった――。
簡潔な文体と研ぎ澄まされた表現で、大いなる自然と自らの人生に対峙する男の姿を力強く描きだす、ヘミングウェイの最高傑作。
老漁師サンティアーゴには、もう84日間も釣果がなかった。幼い頃から老人の見習いをしていたマノーリンは、一人前の漁師となったいまも老人を慕い、生活を気づかう。老人はそんなマノーリンをたのもしく思いながら、まだ自身のプライドも捨ててはいなかった。
翌朝、ひとりで漁に出た老人の釣縄に、巨大なカジキがかかる。そこから、老人とカジキの命を賭けた闘いが始まった。不眠不休の極限を超える死闘のなかで、老人は次第にカジキへの畏敬の念と、強い絆を感じるようになっていく。やがて運命の瞬間が訪れ、満身創痍となった老人に、しかし海は、さらなる試練を課すのだった――。
簡潔な文体と研ぎ澄まされた表現で、大いなる自然と自らの人生に対峙する男の姿を力強く描きだす、ヘミングウェイの最高傑作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

【老人の“相棒”マノーリンは、少年ではなく「若者」だった!】
1952年9月の発表直後から世界中で大評判となった同作。日本ではこれまで、老人の“相棒”マノーリンは10歳ほどの「少年」と訳されてきた。しかし近年、少年は20歳を過ぎた「青年」ではないかとする解釈が提起されるようになった。
今回、翻訳家・越前敏弥氏は、これを18~19歳の「若者」とする独自の解釈で、まったく新しい作品の風景を切り開いている。

「老人と海」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 越前敏弥さんによる新解釈版。少年と若者でだいぶ印象が変わりますね。昔々に読んだきりだったけど、こうやってまた読める機会が得れたのも良かったです。今度ある越前さんの講演会も楽しみです。 越前敏弥さんによる新解釈版。少年と若者でだいぶ印象が変わりますね。昔々に読んだきりだったけど、こうやってまた読める機会が得れたのも良かったです。今度ある越前さんの講演会も楽しみです。
    しゃお
    2024年02月16日
    31人がナイス!しています
  • 新解釈にて。確かにこちらの方がしっくりくるような気がする。 新解釈にて。確かにこちらの方がしっくりくるような気がする。
    おだまん
    2024年02月12日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品