僕らの口福ごはん

僕らの口福ごはん

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040748733
label

僕らの口福ごはん

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040748733

一つの食材から生まれる十の絶品レシピ! “口福”な二人暮らし。

 小説家の陽平と会社員の和樹は一緒に暮らす恋人同士。ある日、陽平が大量の空豆を買ってくる。あきれる和樹を前に陽平は空豆を使い十の料理を作り始める。料理上手な陽平が指示して和樹が手伝い完成した料理は、まさに“口福”の味。陽平は他の食材でも十品作って小説に書くと言い出して――。
 空豆と豚のトマト煮、鯛皮の湯引きポン酢、山葵のマッシュポテト、とうもろこしのかき揚げ。一つの食材から生まれた十の絶品レシピが、二人の日常を彩る。江戸時代の料理集『百珍物』から着想を得た、幸せでおいしい短編集。
 小説家の陽平と会社員の和樹は一緒に暮らす恋人同士。ある日、陽平が大量の空豆を買ってくる。あきれる和樹を前に陽平は空豆を使い十の料理を作り始める。料理上手な陽平が指示して和樹が手伝い完成した料理は、まさに“口福”の味。陽平は他の食材でも十品作って小説に書くと言い出して――。
 空豆と豚のトマト煮、鯛皮の湯引きポン酢、山葵のマッシュポテト、とうもろこしのかき揚げ。一つの食材から生まれた十の絶品レシピが、二人の日常を彩る。江戸時代の料理集『百珍物』から着想を得た、幸せでおいしい短編集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 空豆
第二章 鯛
ある日の二人
第三章 じゃがいも
第四章 とうもろこし
はじまりのはじまり

「僕らの口福ごはん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 同棲してるふたりが、いちゃわちゃしながらひとつの食材で十品目作って美味しく食べる短編集。小説家で料理上手で博識な陽平。会社員で仕事ができるけど陽平の前だとちょっと子供っぽい和樹。そんなふたりがお互いか 同棲してるふたりが、いちゃわちゃしながらひとつの食材で十品目作って美味しく食べる短編集。小説家で料理上手で博識な陽平。会社員で仕事ができるけど陽平の前だとちょっと子供っぽい和樹。そんなふたりがお互いからかったりしながら楽しく料理をする、それだけのお話。作中にもあるように食べる側の和樹の食レポが弱いので、飯テロ力はちょっと低め。料理する人には楽しめる作品だと思います。レシピ本好きにはたまらない。山葵のマッシュポテトが気になって読んでみたけど、とうもろこしのヒゲのサラダとか生で食べる空豆とか初めて知った。 …続きを読む
    ユウ@八戸
    2023年12月22日
    8人がナイス!しています
  • 表紙の絵は素敵だけど、久々に徹底的に合わない本に当たってしまった…。延々とレシピ本を読んでいるみたいでどう楽しめばいいのか全然分からない。和樹と洋平、どっちがどっちなのか把握できない。会話も今一つハマ 表紙の絵は素敵だけど、久々に徹底的に合わない本に当たってしまった…。延々とレシピ本を読んでいるみたいでどう楽しめばいいのか全然分からない。和樹と洋平、どっちがどっちなのか把握できない。会話も今一つハマらない。たぶん映像向きの作品。二人の馴れ初めが最初の方に挟まってたらもう少し違っていたかなあ。ドラマ『きのう何食べた?』の調理シーンすら飛ばして観るような人間なので完全にnot for meでした、ごめんなさい。かんぷら芋が好きなのでそれが登場したところだけテンションが上がりました。星:3/5 …続きを読む
    冬野
    2024年01月03日
    6人がナイス!しています
  • 同棲中の元料理人作家・陽平と会社員・和樹。一つの材料で十品料理を作るのは面白いとは思うけど、食いしん坊なくせに調理手伝いに文句を言いまくる和樹に若干イラッとしてしまった。 同棲中の元料理人作家・陽平と会社員・和樹。一つの材料で十品料理を作るのは面白いとは思うけど、食いしん坊なくせに調理手伝いに文句を言いまくる和樹に若干イラッとしてしまった。
    きょん
    2024年03月03日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品