優莉結衣 高校事変 劃篇

優莉結衣 高校事変 劃篇

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041134092
label

優莉結衣 高校事変 劃篇

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041134092

「高校事変」、最後のピース。

史上最強の女子高生、優莉結衣。ホンジュラスでメキシコの過激派組織ゼッディウムと死闘を繰り広げた後、日本への帰国の道筋が不明だった結衣は、北朝鮮にいた。父・匡太の後継者、長男・架祷斗との最終決戦を前に、そこでいったい何があったのか――。空白を埋める衝撃の新事実が明らかに! 謎に包まれたかの国での壮絶バトル。点と点が線になり、過酷な宿命を背負ったJKの生き様が浮かび上がる、苛烈なスピンオフ! 史上最強の女子高生、優莉結衣。ホンジュラスでメキシコの過激派組織ゼッディウムと死闘を繰り広げた後、日本への帰国の道筋が不明だった結衣は、北朝鮮にいた。父・匡太の後継者、長男・架祷斗との最終決戦を前に、そこでいったい何があったのか――。空白を埋める衝撃の新事実が明らかに! 謎に包まれたかの国での壮絶バトル。点と点が線になり、過酷な宿命を背負ったJKの生き様が浮かび上がる、苛烈なスピンオフ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

優莉結衣 高校事変 劃篇

同じシリーズの作品

「優莉結衣 高校事変 劃篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読み飛ばしていた劃篇。その後の新章を予感させる現実離れしたアクションの連続に唖然となるも、瑠那編ほど漫画ライクにならないのは、敵役がわかりやすく軍隊なことと、悪い大人以外も無情に死んでいく点が関係して 読み飛ばしていた劃篇。その後の新章を予感させる現実離れしたアクションの連続に唖然となるも、瑠那編ほど漫画ライクにならないのは、敵役がわかりやすく軍隊なことと、悪い大人以外も無情に死んでいく点が関係している。あくまで瑠那の章と比較しての話なので、結衣メインの話の中では上位三本の指に入るあり得なさ。そうとわかったうえで、言葉を習得していくまでの過程や、場面ごとの戦術に、無理やり説得力を持たせようとする細かな描きこみこそが結衣時代の醍醐味でもあったなと再認識。劃篇にせず本編に組み込んでもよかったのでは? …続きを読む
    W-G
    2023年08月23日
    287人がナイス!しています
  • 高校事変スピンオフ。ホンジェラスの事件を経て日本に帰国するまでの結衣は北朝鮮にいた。工作員を養成する高校で北朝鮮人チェ・ユンスルとして転入したが、優莉家の娘結衣であることがバレてしまう。軍隊が結衣のみ 高校事変スピンオフ。ホンジェラスの事件を経て日本に帰国するまでの結衣は北朝鮮にいた。工作員を養成する高校で北朝鮮人チェ・ユンスルとして転入したが、優莉家の娘結衣であることがバレてしまう。軍隊が結衣のみならず高校にいる教師生徒を全滅させるための攻撃に立ち向かう結衣。次第に級友たちの信頼も得、高校事変再び。結衣の帰国手段は弾道ミサイルの有人カプセル、これは…奇想天外。息をつかせね展開に、やっぱりこのシリーズいいわ。結衣ちゃん、好き! …続きを読む
    モルク
    2023年11月23日
    130人がナイス!しています
  • 高校事変のスピンオフ第2弾で凜香編に次いで結衣編。本編のホンジュラス編の後に北朝鮮へ流れ着いた結衣が北朝鮮の高校で事変を起こす。相変わらずのバイオレンスで迫力は本編並みでした。本当に実際の情勢とリンク 高校事変のスピンオフ第2弾で凜香編に次いで結衣編。本編のホンジュラス編の後に北朝鮮へ流れ着いた結衣が北朝鮮の高校で事変を起こす。相変わらずのバイオレンスで迫力は本編並みでした。本当に実際の情勢とリンクしててフィクションとは思えないと感じる箇所も多かった。北朝鮮と日韓を取り巻く情勢もリアルっぽかったし作者は何で詳しいのかな?って思うほど。結衣の災難は続くけど本当に逞しい。B・ウイルスを凌ぐほど、日本は結衣に守られてんのかな?と言っても過言じゃない。シリーズは完結してるけどまた結衣や凜香に会いたくなる。 …続きを読む
    カメ吉
    2023年01月29日
    123人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品