迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~

迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784049148923
label

迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~

  • 著者 綾束 乙
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784049148923

新入り宮女が仕える相手は、秘密だらけな美貌の皇族!?

第7回カクヨムWeb小説コンテスト、〈恋愛部門〉特別賞受賞の新・後宮恋愛ファンタジー!

 失踪した姉を捜すため、龍華国後宮の宮女となった鈴花。ある日彼女は、銀の光を纏う美貌の青年・コウレン(※)と出会う。官正として働く彼の正体は、皇位継承権――《龍》を喚ぶ力を持つ唯一の皇族だった!
 そんな事実はつゆ知らず、とある能力を認められた鈴花はコウレンの側仕えに抜擢。後宮を騒がす宮女殺し事件の犯人探しを手伝うことに。後宮一の人気者なのになぜか自分のことばかり可愛がる彼に振り回されつつ、無事に鈴花は後宮の闇を暴けるのか!? ラブロマンス×後宮ファンタジー、開幕!

【登場人物】
・鈴花(りんか)
人の纏う「色」が視える不思議な目の持ち主。
健気で努力家だが方向音痴が悩みの種。

・コウレン
皇位継承権を持つ絶世の美青年。しかし現皇帝との関係は微妙なようで……。
心優しい鈴花に次第に惹かれていく。

※コウレン:「王へんに光」「王へんに連」

第7回カクヨムWeb小説コンテスト、〈恋愛部門〉特別賞受賞の新・後宮恋愛ファンタジー!

 失踪した姉を捜すため、龍華国後宮の宮女となった鈴花。ある日彼女は、銀の光を纏う美貌の青年・コウレン(※)と出会う。官正として働く彼の正体は、皇位継承権――《龍》を喚ぶ力を持つ唯一の皇族だった!
 そんな事実はつゆ知らず、とある能力を認められた鈴花はコウレンの側仕えに抜擢。後宮を騒がす宮女殺し事件の犯人探しを手伝うことに。後宮一の人気者なのになぜか自分のことばかり可愛がる彼に振り回されつつ、無事に鈴花は後宮の闇を暴けるのか!? ラブロマンス×後宮ファンタジー、開幕!

【登場人物】
・鈴花(りんか)
人の纏う「色」が視える不思議な目の持ち主。
健気で努力家だが方向音痴が悩みの種。

・コウレン
皇位継承権を持つ絶世の美青年。しかし現皇帝との関係は微妙なようで……。
心優しい鈴花に次第に惹かれていく。

※コウレン:「王へんに光」「王へんに連」

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「迷子宮女は龍の御子のお気に入り ~龍華国後宮事件帳~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『新入り宮女が仕える相手は、秘密だらけな美貌の皇族!?』失踪した姉を捜すため、龍華国後宮の宮女となった鈴花。ある日彼女は、銀の光を纏う美貌の青年・珖璉と出会う。官正として働く彼の正体は、皇位継承権――《龍 『新入り宮女が仕える相手は、秘密だらけな美貌の皇族!?』失踪した姉を捜すため、龍華国後宮の宮女となった鈴花。ある日彼女は、銀の光を纏う美貌の青年・珖璉と出会う。官正として働く彼の正体は、皇位継承権――《龍》を喚ぶ力を持つ唯一の皇族だった!第7回カクヨムWeb小説コンテスト、〈恋愛部門〉特別賞受賞の超方向音痴などじっ子宮女・鈴花と、目が覚めるような美貌の宦官・珖璉が、後宮にはびこる闇に挑む! 中華風じれじれ恋愛ファンタジー!恋あり、謎あり、陰謀ありの後宮物語り。大国である龍華国の後宮に奉公に行ったまま、 …続きを読む
    合縁奇縁
    2023年03月16日
    37人がナイス!しています
  • 【酷評注意】文体が合わず、3分の1あたりから流し読みに。蟲という概念から、蟲の最上位=龍になるのか?蟲ではなく使役とかなら受け入れやすいけれど…。また、分かりにくい言葉が乱立しているし、話し言葉と書き言葉 【酷評注意】文体が合わず、3分の1あたりから流し読みに。蟲という概念から、蟲の最上位=龍になるのか?蟲ではなく使役とかなら受け入れやすいけれど…。また、分かりにくい言葉が乱立しているし、話し言葉と書き言葉、第三者目線、主人公目線すべてが書き分けられておらず、誰が話しているのか分かりにくい。加えて、生まれてこの方、方向音痴ならば何か対策をしたのかと思えば、姉に庇われていただけという気もしてあまり主人公に感情移入できなかった。 …続きを読む
    かなで
    2024年05月15日
    18人がナイス!しています
  • 【電子】後宮で失踪した姉を探しに宮女となった鈴花。人が纏う「色」が視える不思議な能力を持つ彼女は銀色の光を纏う青年・珖璉に引き抜かれ、宮女殺しの犯人の捜索を手伝うことになります。鈴花があまりにも方向音 【電子】後宮で失踪した姉を探しに宮女となった鈴花。人が纏う「色」が視える不思議な能力を持つ彼女は銀色の光を纏う青年・珖璉に引き抜かれ、宮女殺しの犯人の捜索を手伝うことになります。鈴花があまりにも方向音痴すぎて笑えました。人が死んでいるのでどうなるか戦々恐々していましたが、結局ハッピーエンドで良かったです。 …続きを読む
    ひぬ
    2023年06月09日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品