領怪神犯

コミカライズ化作品

第7回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞&ComicWalker漫画賞 受賞作!

領怪神犯

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドコミ kakuyomu
label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041131800
カドコミ kakuyomu
label

コミカライズ化作品

第7回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞&ComicWalker漫画賞 受賞作!

領怪神犯

  • 著者 木古 おうみ
  • イラスト syo5
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041131800

これは、人智を超えた危険な現象――領怪神犯に立ち向かう役人たちの記録。

この世には、理解不能な神々が引き起こす超常現象がある。
善悪では測れず、だが確かに人々の安寧を脅かすそれは「領怪神犯」と呼ばれている。
役所内に密かに存在する公的組織・領怪神犯特別調査課の片岸は、部下の宮木と日本各地で起きる現象の対処に当たっていた。
毎年身体の一部が村に降ってくる神、不老不死の夢を見せる神、あらゆる事象の辻褄合わせをさせる神、一切の記録がなくただ信仰だけが残る神――。
それらの奇怪な現象や、時には神を崇める危険な人間たちとも対峙しながら、片岸は個人的な事情からも領怪神犯を深追いしていく。
だがそれは、戦慄の真実を知ることにつながって……?

その神々は、人間の手には負えない。
第7回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞受賞作!
この世には、理解不能な神々が引き起こす超常現象がある。
善悪では測れず、だが確かに人々の安寧を脅かすそれは「領怪神犯」と呼ばれている。
役所内に密かに存在する公的組織・領怪神犯特別調査課の片岸は、部下の宮木と日本各地で起きる現象の対処に当たっていた。
毎年身体の一部が村に降ってくる神、不老不死の夢を見せる神、あらゆる事象の辻褄合わせをさせる神、一切の記録がなくただ信仰だけが残る神――。
それらの奇怪な現象や、時には神を崇める危険な人間たちとも対峙しながら、片岸は個人的な事情からも領怪神犯を深追いしていく。
だがそれは、戦慄の真実を知ることにつながって……?

その神々は、人間の手には負えない。
第7回カクヨムWeb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞受賞作!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

ひとつずつ降りてくる神
ひと喰った神
不老不死の夢の神
水底の匣の中の神
辻褄合わせの神
こどくな神
知られずの神
そこに在わす神

おもな登場人物

同じシリーズの作品

「領怪神犯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表紙の鬼太郎のお父さんが巨大になったような目の玉は第一話の怪異。こんなでかい身体の一部が毎年、村のどこかに落ちてくるとかマジで怖い。本来村を護ってくれるはずの神が暴走してしまう「領怪神犯」只、現地に赴 表紙の鬼太郎のお父さんが巨大になったような目の玉は第一話の怪異。こんなでかい身体の一部が毎年、村のどこかに落ちてくるとかマジで怖い。本来村を護ってくれるはずの神が暴走してしまう「領怪神犯」只、現地に赴く調査員達はそれを解決できるわけじゃない。少しでも事態が良くなるように助言は与えるけど、基本、それは人間の手には負えない。受け入れて生きるしかない。で、どうにもモヤモヤが募る。折々に感じる違和感、何でこんなに村ばかりあるのか、調査員は携帯も持たないのか、「第何次のですか」って?ラスト1Pがその答という事か。 …続きを読む
    みっちゃん
    2023年06月20日
    139人がナイス!しています
  • 面白かった。怪異を調査し、「解決」するのではなく「確認」する・・・このちょっとモヤッとする読後感は新鮮だった。そして、最後の1ページ。衝撃の事実に、この作品に漂う靄が吹き飛び、ホラー、そしてSFとしても一気に 面白かった。怪異を調査し、「解決」するのではなく「確認」する・・・このちょっとモヤッとする読後感は新鮮だった。そして、最後の1ページ。衝撃の事実に、この作品に漂う靄が吹き飛び、ホラー、そしてSFとしても一気に、何ステージも駆け上がり魅力が倍増した気がした。続編を期待したい。 …続きを読む
    kou
    2023年04月16日
    90人がナイス!しています
  • 年越しの一冊。コミカライズも進行中とのこと、面白かった。“神”による災禍を調査する公共機関に属する片岸、そして謎を秘めた部下宮木。二人はあくまで調査員、解決出来る特殊能力などない。直感と推察で神災に向き 年越しの一冊。コミカライズも進行中とのこと、面白かった。“神”による災禍を調査する公共機関に属する片岸、そして謎を秘めた部下宮木。二人はあくまで調査員、解決出来る特殊能力などない。直感と推察で神災に向き合うのみ。その神も、バラバラの巨大なパーツが降ってくる神、ダム湖に立ち尽くす影のような神、祭に合わせて善悪のバランスをとる神等々、姿形も異形なら災禍も異形。その神災の元には理由があって・・・。新しい神の顕現、人間の介入が神々を歪ませる事により世界が軋む。妻の失踪が神々によるものではないかと疑う片岸(続) …続きを読む
    眠る山猫屋
    2023年01月01日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品