トピックス

第7回カクヨムコンテスト<ホラー部門>大賞受賞&ComicWalker漫画賞受賞作品のコミカライズ! コミックス『領怪神犯』1巻が本日発売!!

2023年7月25日(火)発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛)は、神々が引き起こす不可思議で不条理な事象<領怪神犯>に挑む公務員の物語『領怪神犯』(漫画:足鷹高也/原作:木古おうみ)コミックス第1巻を2023年7月25日(火)に発売いたしました。



【あらすじ】 
神々が引き起こす不可思議で不条理な事象<領怪神犯>に挑む公務員の物語。
空から巨大な身体の一部が落ちてくる村。
あるはずの内臓が死亡後にごっそり消える現象。
不老不死の夢を見続ける人々。
それら人智を超えた事象に対応する、領怪神犯特別調査課に所属する片岸が追い求める真実とは?

【領怪神犯特別調査課とは】
役所内に秘密裏に存在する公的組織である。
日本各地から寄せられる投書などをもとに現地に赴き、人智を超えた危険な超常現象=<領怪神犯>と思われる現象の調査と対処を行っている。

【主な登場人物】
片岸(かたぎし)
宮木とバディを組んで動くことが多い。
ある個人的な事情からも「領怪神犯」を追っている。
愛煙家で、結婚歴有り。六原のことが苦手。


宮木(みやき)
最近移動してきた若手メンバー。
物怖じしない性格でコミュニケーション能力も高いが、時に突っ込んだ発言や妙な行動をすることも。


六原(ろくはら)
片岸たちの上司。
有能だが、陰鬱な印象の見た目の男で、言動もやや独特な変わり者。片岸の義理の兄でもある。



【著者プロフィール】
原作:木古おうみ(きふる おうみ)
神奈川県出身。
web小説サイト(カクヨム)で活動し、2022年、「領怪神犯」で第7回カクヨムweb小説コンテスト〈ホラー部門〉大賞を受賞してデビュー。

漫画:足鷹高也(あしたか こうや)
本作が初連載作品。
読み切り作品「たかはしAND」(原作:里庄真芳・作画:足鷹高也)が『少年ジャンプGIGA vol.2』(集英社)に掲載等。

【書誌情報】
角川コミックス・エース
書名:領怪神犯(1)
漫画:足鷹高也
原作:木古おうみ
定価:748円(本体680円+税)
判型:B6判
ページ数:180P
ISBN:978-4-04-114004-8
発行:株式会社KADOKAWA
発売日:2023年7月25日(火)

KADOKAWAオフィシャル書誌詳細ページ
https://www.kadokawa.co.jp/product/322304000486/

▼電子版も発売中!
https://bookwalker.jp/de2e588a53-3683-4399-8c6b-6025ef7b2a91/

▼原作はこちら
領怪神犯
https://www.kadokawa.co.jp/product/322207001058/
領怪神犯2
https://www.kadokawa.co.jp/product/322302001401/

▼コミックニュータイプ 「領怪神犯」作品ページ
https://comic.webnewtype.com/contents/ryoukai/

▼木古おうみ先生Twitter
https://twitter.com/kipplemaker?s=20
▼足鷹高也先生Twitter
https://twitter.com/asitaka_koya?s=20
▼コミックニュータイプ編集部Twitter
https://twitter.com/ComicNewtype?s=20