【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。8

【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。8

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784040747330
label

【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。8

  • 著者 氷高 悠
  • イラスト たん旦
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784040747330

秘密の許嫁ラブコメ堂々完結! 氷高悠&たん旦新作同時発売!

「後悔させないから、覚悟してよね」
出逢いは、戸惑いしかないスタートだった。

「大丈夫だよ……私は、ずーっと、そばにいるからね……」
一緒に過ごす、楽しいしかない毎日が、俺も彼女も変えた。

「だって、もう――私は逃げたくないから」
いつだって、可愛いしかない結花と過ごすために。

「許嫁バレ」の最大のピンチ。そして、佐方家を揺るがす「母との再会」。

だけどきっと2人なら、ハッピーエンドに変えられる。だって俺と結花の未来は笑顔しかないから―!

君ありて幸福。秘密の同棲ラブコメ「#地味かわ」堂々完結巻!
「後悔させないから、覚悟してよね」
出逢いは、戸惑いしかないスタートだった。

「大丈夫だよ……私は、ずーっと、そばにいるからね……」
一緒に過ごす、楽しいしかない毎日が、俺も彼女も変えた。

「だって、もう――私は逃げたくないから」
いつだって、可愛いしかない結花と過ごすために。

「許嫁バレ」の最大のピンチ。そして、佐方家を揺るがす「母との再会」。

だけどきっと2人なら、ハッピーエンドに変えられる。だって俺と結花の未来は笑顔しかないから―!

君ありて幸福。秘密の同棲ラブコメ「#地味かわ」堂々完結巻!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「【朗報】俺の許嫁になった地味子、家では可愛いしかない。8」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【BW】『一緒に笑お?』ゆうなの決め台詞が一貫して響く最終回。「皆を笑顔にしたい」という結花のひたむきな思いがひしひしと伝わってきました。暴露系MeTuberが放つ悪意にも臆することなく向き合っていく結花の強 【BW】『一緒に笑お?』ゆうなの決め台詞が一貫して響く最終回。「皆を笑顔にしたい」という結花のひたむきな思いがひしひしと伝わってきました。暴露系MeTuberが放つ悪意にも臆することなく向き合っていく結花の強さには惚れ惚れとしましたが、彼女が強く荒れたのは遊一をはじめ、らんむやでるたち声優仲間、那由や勇海の妹たち、そして親友の桃乃たちの支えがあってこそですね。佐方家の家族問題も含めて全て良い方向に進み、大団円を迎えられて感無量です。遊一と結花だけでなく、本作に登場した皆の未来が幸せなものでありますように。 …続きを読む
    芳樹
    2024年02月20日
    31人がナイス!しています
  • 暴露系MeTuber動画でゆうなと恋する死神、そしてらんむの関係が語られてしまったことでピンチに陥った結花。さらに佐方家を揺るがす母とまさかの再会を果たす第8弾。窮地に陥っても揺るぎない結花の決意に、彼女を支 暴露系MeTuber動画でゆうなと恋する死神、そしてらんむの関係が語られてしまったことでピンチに陥った結花。さらに佐方家を揺るがす母とまさかの再会を果たす第8弾。窮地に陥っても揺るぎない結花の決意に、彼女を支えていく覚悟を新たにする遊一。そんな二人を応援してくれる那由多や勇海の妹たちやマサや桃乃といった学校の友人、そしてらんむやでるたち声優の仲間たちがいて、そんな状況から思わぬ形で彼が再会を果たした母の存在は意外でしたけど、しっかりと向き合って乗り越えてみせた二人の幸せな結末を最後まで読めて良かったです。 …続きを読む
    よっち
    2024年02月21日
    27人がナイス!しています
  • ★★★★☆恋人バレによる炎上、主人公と母親との確執を解決したうえで、表紙からわかる通り結婚式までやって完結。まごうことなき大団円だった。いやまあ、確かに炎上周りのアレコレは、ヒロインの頑張りにこれまで支え ★★★★☆恋人バレによる炎上、主人公と母親との確執を解決したうえで、表紙からわかる通り結婚式までやって完結。まごうことなき大団円だった。いやまあ、確かに炎上周りのアレコレは、ヒロインの頑張りにこれまで支えてくれた人たちが応えてくれた結果なんとかなった、という友情パワーで強引にねじ伏せた感じではあったものの、あんまりガチで取り上げても作品の読み味が変わってくるので個人的にはこのぐらいでいいかなと。緩く楽しめる良いシリーズだった。同日発売の次回作にも期待。 …続きを読む
    わたー
    2024年02月21日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品