• 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049146196

大奥の陰陽師

  • 著者 つるみ 犬丸
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784049146196

安倍晴明の血を引く陰陽小町と全てを見通す式神コンビが大奥の怪異を討つ!

 時は徳川が統べる江戸時代。安倍晴明の血を引く雲雀は、町で噂の陰陽小町。物の記憶を覗ける妖狐の式神、葛忌ととともに、父の仕事を手伝い暮らしていた。そんな平穏な日々が、ある日急転する。
 雲雀はその腕を買われ、将軍吉宗お抱えの陰陽師として大奥の隠密の命を賜ることに。
 憧れの将軍に仕えることを喜ぶ雲雀。だが、大奥は伏魔殿とも揶揄される女の園。女達の愛憎渦巻く陣中、雲雀と葛忌は「大奥の陰陽師」として、伏魔殿に潜む怪異の正体を暴くため奮闘する。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
一章 鳴かない猫と禁じられた恋
二章 あの人の赤ん坊、そして呪いの藁人形
三章 大奥の陰陽師
エピローグ

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品