忘れたとは言わせない

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041128848

忘れたとは言わせない

  • 著者 トーヴェ・アルステルダール
  • 訳者 染田屋 茂
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041128848

スウェーデン推理作家アカデミー最優秀長篇賞、ガラスの鍵賞W受賞作。

スウェーデン推理作家アカデミー最優秀長篇賞、スカンジナヴィア推理作家協会ガラスの鍵賞W受賞作。米TVシリーズ化決定!

23年前、凶悪事件を自白し、保護施設で育ったウーロフ。事件当時14歳だった男が釈放され、帰郷した時、事件は起きた。ウーロフの父が死体で発見されたのだ。犯人と疑われ、世間の誹りを受けるウーロフ。事件の捜査に当たる、ウーロフと同郷の警察官補エイラ。彼女の前に、次第に過去に起きた別の事件が浮かび上がってくる――。

あなたは覚えている。忘れたとは言わせない。

--本書(『忘れたとは言わせない』)によって、アルステルダールは第一級の帰郷小説を書いたことになる。オンゲルマン地方の田園風景や小さな集落、そこに住む人々を鋭敏な感覚で捉え、たったひとつの動きでもひとりの人物のイメージを的確に描き出せることを見せてくれた。悲劇的で、人を虜にし、いまいましいほど良くできた作品だ。(ガラスの鍵賞受賞理由より)

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

忘れたとは言わせない

著者の注記
訳者あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「忘れたとは言わせない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数あるジャンルの中でもミステリーは特に好きなのだが、その中でも所謂北欧ミステリーと言われる作品を読み出したのはここ数年だ。個人的には北欧ミステリーの陰鬱な雰囲気は嫌いじゃない。本作もその雰囲気を感じさ 数あるジャンルの中でもミステリーは特に好きなのだが、その中でも所謂北欧ミステリーと言われる作品を読み出したのはここ数年だ。個人的には北欧ミステリーの陰鬱な雰囲気は嫌いじゃない。本作もその雰囲気を感じさせる。物語はある男が故郷に戻り、父親の死体を発見するところから始まる。主人公である女性警官の捜査が始まり思わぬ方向に物語は進んでゆく。性犯罪とその被疑者、小さなコミュニティでの偏見の目などどの場所でも起こり得る問題を扱っている。人生は誰のものなのか、人は本当にやり直せるのか。北欧ミステリーの魅力を備えた作品。 …続きを読む
    ゆのん
    2022年07月19日
    48人がナイス!しています
  • 23年前に殆どの住民が顔見知りの地域で起きた少女暴行殺人事件の犯人の少年が実家に帰ってきたことで起きた事件は、最初は単純明快に見えたけれど捜査をしていくにつれ疑念が次々と浮かび霧の中を彷徨っているよう 23年前に殆どの住民が顔見知りの地域で起きた少女暴行殺人事件の犯人の少年が実家に帰ってきたことで起きた事件は、最初は単純明快に見えたけれど捜査をしていくにつれ疑念が次々と浮かび霧の中を彷徨っているように遅々として進まず中弛みで読むのが萎えたけど、終盤の100頁は緊迫感とどう終わるのかに目が離せなかったです。 …続きを読む
    昼夜
    2022年08月06日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品