すずめの戸締まり

すずめの戸締まり

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年10月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784046321909
label

すずめの戸締まり

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年10月13日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784046321909

大ヒット映画「君の名は。」「天気の子」の新海誠監督の作品を小説で!

私の名前は、鈴芽。17歳の高校生。
九州の静かな町で楽しく暮らしている。
ある日、見知らぬ青年に「このあたりに、廃墟はない?」と聞かれた。
「ハイキョ?」ととまどう私。
彼、草太さんは、人がいなくなってしまった場所にある
「扉」を探して旅をしているらしい。
私は彼の後を追い、山の中の廃墟で古ぼけた扉を見つけた。
彼の言葉を思い出し、扉に手を伸ばしてみると――。
不思議な扉にみちびかれた私・鈴芽の、
全国をめぐる“戸締まりの旅”が始まる!

(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会
私の名前は、鈴芽。17歳の高校生。
九州の静かな町で楽しく暮らしている。
ある日、見知らぬ青年に「このあたりに、廃墟はない?」と聞かれた。
「ハイキョ?」ととまどう私。
彼、草太さんは、人がいなくなってしまった場所にある
「扉」を探して旅をしているらしい。
私は彼の後を追い、山の中の廃墟で古ぼけた扉を見つけた。
彼の言葉を思い出し、扉に手を伸ばしてみると――。
不思議な扉にみちびかれた私・鈴芽の、
全国をめぐる“戸締まりの旅”が始まる!

(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

映画と小説で「すずめの戸締まり」の世界を堪能しよう!




「すずめの戸締まり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 金曜ロードショーで見た!最後のシーンで泣きそうになったけど恥ずかし過ぎで頑張って涙堪えてた笑まさかこんなにも泣ける映画だとは知らなかった!すずめの戸締まりに出てくる歌を歌うと一瞬で涙が出そうになる(´; 金曜ロードショーで見た!最後のシーンで泣きそうになったけど恥ずかし過ぎで頑張って涙堪えてた笑まさかこんなにも泣ける映画だとは知らなかった!すずめの戸締まりに出てくる歌を歌うと一瞬で涙が出そうになる(´;ω;`)すずめが草太を絶対に助けたいという気持ちが共感した(´;ω;`) …続きを読む
    小柳 夢奈@荒らし許さん💢@しゅわっち#原神のスカラマシュ(放浪者)好き!#らんらんとぺあがちゅー#プロセカ🌈🔹青柳冬弥推し🔹冬弥同担拒否🔹
    2024年04月05日
    26人がナイス!しています
  • 映画「すずめの戸締り」ノベライズ。不思議な扉に導かれた鈴芽と閉じ師草太の全国を巡る戸締りの旅。映画館で映像の美しさに圧倒され感動して泣きました。その余韻に浸りながら、映画だけでは分からなかった部分を補 映画「すずめの戸締り」ノベライズ。不思議な扉に導かれた鈴芽と閉じ師草太の全国を巡る戸締りの旅。映画館で映像の美しさに圧倒され感動して泣きました。その余韻に浸りながら、映画だけでは分からなかった部分を補完。環さんに芹澤くん、ルミさんや千果ちゃん。登場人物も魅力的でした。それぞれが役割を果たした戸締りの旅。毎日の「いってきます」「おかえり」の言葉を大切にしたいです。いろいろな思いが込み上げる作品ですが、映画を観て小説を読んで本当に良かったと思います。 …続きを読む
    ゆっき
    2022年12月04日
    25人がナイス!しています
  • 映画がすごかったので。主人公すずめがヒロイン草太と日本全国にある災害の元、後ろ戸を封印する為に旅するロードファンタジ。単純なセカイ系ではなく、明確に主人公が世界と関わろうとしているところが読み取れたの 映画がすごかったので。主人公すずめがヒロイン草太と日本全国にある災害の元、後ろ戸を封印する為に旅するロードファンタジ。単純なセカイ系ではなく、明確に主人公が世界と関わろうとしているところが読み取れたのが印象深い。あと、映画もちょいちょいフェティッシュだなと思っていたけど、耽美派か!?と思うくらい艶やかなシーンがある。すずめが草太にキスするシーンをわざと描かない所とすずめのシャワーシーンのねっとり描写は素晴らしい!あと、イラスト盛りだくさんなのと表紙のすずめが可愛いのが良い。文庫版よりつばさ文庫版のが好き。 …続きを読む
    羊山羊
    2023年03月26日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品