夜がうたた寝してる間に

夜がうたた寝してる間に

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年08月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041128329

夜がうたた寝してる間に

  • 著者 君嶋 彼方
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年08月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041128329

『君の顔では泣けない』著者待望の新刊! 小説野性時代新人賞受賞第一作。

高校二年の冴木旭には、時間を止めるという特殊能力がある。だが旭にとって一番大事なのは、普通の場所で、普通の人と同じように生きていくことだ。異質な存在に向けられる無遠慮な視線や偏見に耐え、必死で笑顔をつくっていた旭だったが、大量の机が教室の窓から投げ捨てられるという怪事件が起こり、能力者が犯人ではないかと疑われる。旭は真犯人を見つけて疑いを晴らそうとするも、悩みをわかり合えると思っていた能力者仲間の篠宮と我妻にも距離を置かれてしまう。焦りを覚えていたところに、また新たな事件が起きて……。 高校二年の冴木旭には、時間を止めるという特殊能力がある。だが旭にとって一番大事なのは、普通の場所で、普通の人と同じように生きていくことだ。異質な存在に向けられる無遠慮な視線や偏見に耐え、必死で笑顔をつくっていた旭だったが、大量の机が教室の窓から投げ捨てられるという怪事件が起こり、能力者が犯人ではないかと疑われる。旭は真犯人を見つけて疑いを晴らそうとするも、悩みをわかり合えると思っていた能力者仲間の篠宮と我妻にも距離を置かれてしまう。焦りを覚えていたところに、また新たな事件が起きて……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じ年、同じ日に生まれた二人が、小説家となって出会う。君嶋彼方×浅倉秋成 奇跡の共通点対談!

「夜がうたた寝してる間に」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 君嶋彼方さんの第2作は前作程のインパクトや話題性や反響はなかったようですが、でも今回も中々に渋いテーマの力作だと思いますね。本書のテーマは人類の一部に超能力者が認知された社会の学校で言わば旧人類と新人 君嶋彼方さんの第2作は前作程のインパクトや話題性や反響はなかったようですが、でも今回も中々に渋いテーマの力作だと思いますね。本書のテーマは人類の一部に超能力者が認知された社会の学校で言わば旧人類と新人類の生徒達の間に横たわる異種族の意識と友情についての問題ですね。学校には超能力者だけのクラブ活動があり、でも彼らの超能力を学業で発揮する事は認められません。また街では本人の選択式で超能力者だけが暮らす町で居住する権利が認められています。そんな異質な環境の下に学校で大量の机が窓から投げ捨てられる怪事件が起きる。 …続きを読む
    夢追人009
    2023年07月24日
    278人がナイス!しています
  • 「君の顔では泣けない」がとても良い話だったので、読んでみようと思った。この本は、特殊能力ストーリー。時間を止める能力は父親ゆずり。様々な能力者がいる世界の話。普通の人は能力者を、怖がる。でも違う。能力 「君の顔では泣けない」がとても良い話だったので、読んでみようと思った。この本は、特殊能力ストーリー。時間を止める能力は父親ゆずり。様々な能力者がいる世界の話。普通の人は能力者を、怖がる。でも違う。能力があろうとなかろうと、誰も同じで、色々な悩みにもがいていたりする。頭が良くてイケメンの天ちゃんだって、悩みはある。もがいている。心の中に黒いものがモヤモヤしている。本心は口に出した言葉だけではわからないこともある。読後は爽やか。前作よりもこっちの方が好き。ミステリ要素もあり面白くて一気読みだった。次作にも注目 …続きを読む
    美紀ちゃん
    2022年09月07日
    137人がナイス!しています
  • およそ一万人に一人の特殊能力を持った高校生冴木旭の物語。ヒーローものドラマのようには周囲から受け入れてもらえていない。何か悪いことが起きたら「能力者」が疑われ、いつも何か悪いことをするんじゃないかと見 およそ一万人に一人の特殊能力を持った高校生冴木旭の物語。ヒーローものドラマのようには周囲から受け入れてもらえていない。何か悪いことが起きたら「能力者」が疑われ、いつも何か悪いことをするんじゃないかと見られている。そんな学校で机と椅子が校庭に投げ出される事件が起き、「能力者」が一番に疑われる。事件を解き明かすため、冴木旭の推理も特殊能力も発揮されず、同級生の「能力者」たちも協力しない。著者の作品は読者の期待を裏切り、予想しない解決をする。『なんじゃこれ!』と読後思う人はまんまと著者の意図にハマったと思う。 …続きを読む
    ダイスケ
    2023年01月05日
    135人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品