七人怪談

七人怪談

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年06月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041127636

七人怪談

  • 編著 三津田 信三
  • 著者 加門 七海
  • 著者 菊地 秀行
  • 著者 澤村伊智
  • 著者 霜島 ケイ
  • 著者 名梁 和泉
  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年06月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041127636

屈指の名手たちが「自分が最も怖いと思う怪談」を綴る。戦慄の怪談小説集。

「これは、わたしが小学校の、高学年だった頃の話です」――少女が雑誌に投稿した、ある家族を襲った不気味な怪異の記録。悪化していく一方の父の怪我、何者かに乗っ取られ不気味な笑い声をあげる妹。そして親類たちの死。霊能者“マツシタサヤ”によって怪異は鎮められ、記録は締めくくられる。だが、この投稿を皮切りに、マツシタサヤを巡る不可解な記録が世に溢れはじめ……(澤村伊智「サヤさん」)。
 同窓会をきっかけに、故郷の実家に泊まることになった「私」。すでに実家には誰も住んでおらず、何も無い家に過ぎないはずなのに、「私」以外の何者かの気配が段々と濃くなっていく。鳥籠の中で邪悪な笑みをたたえた阿弥陀如来像、座敷の蒲団の中で蠢くモノ、そして――。忌まわしい記憶とともに、何かが迫ってくる(三津田信三「何も無い家」)。
ホラー界の巨星、三津田信三が、屈指のホラー小説の名手六人それぞれに相応しいテーマで「自分が最も怖いと思う怪談を」と依頼して編まれた戦慄のアンソロジー。
「これは、わたしが小学校の、高学年だった頃の話です」――少女が雑誌に投稿した、ある家族を襲った不気味な怪異の記録。悪化していく一方の父の怪我、何者かに乗っ取られ不気味な笑い声をあげる妹。そして親類たちの死。霊能者“マツシタサヤ”によって怪異は鎮められ、記録は締めくくられる。だが、この投稿を皮切りに、マツシタサヤを巡る不可解な記録が世に溢れはじめ……(澤村伊智「サヤさん」)。
 同窓会をきっかけに、故郷の実家に泊まることになった「私」。すでに実家には誰も住んでおらず、何も無い家に過ぎないはずなのに、「私」以外の何者かの気配が段々と濃くなっていく。鳥籠の中で邪悪な笑みをたたえた阿弥陀如来像、座敷の蒲団の中で蠢くモノ、そして――。忌まわしい記憶とともに、何かが迫ってくる(三津田信三「何も無い家」)。
ホラー界の巨星、三津田信三が、屈指のホラー小説の名手六人それぞれに相応しいテーマで「自分が最も怖いと思う怪談を」と依頼して編まれた戦慄のアンソロジー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

澤村伊智「サヤさん」
加門七海「貝田川」
名梁和泉「燃頭のいた町」
菊地秀行「旅の武士」
霜島ケイ「魔々」
福澤徹三「会社奇譚」
三津田信三「何も無い家」

カドブン記事一覧

【2023年07月29日】これぞホラー小説の「フェス」だ! 恐怖と戦慄の豪華書き下ろしアンソロジー—— 編著:三津田信三『七人怪談』レビュー【評者:宇田川拓也】


【2023年07月18日】『近畿地方のある場所について』著者、背筋が選ぶ「今読むべきホラー&ミステリ」5選


【2023年07月03日】ホラーを知り尽くした作家・三津田信三が仕掛けた新たな恐怖に迫る。『歩く亡者 怪民研に於ける記録と推理』『七人怪談』刊行インタビュー


【2023年06月28日】最恐の怪談小説アンソロジー『七人怪談』参加作家のおすすめ作品7選!


「七人怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凉をどうぞ、の一冊。七人の作家さんからどうぞと差し出された、凉のお中元のような七話。みなさん、さすがです。澤村伊智さんはストーリーの運び方といい、らしさ全開。実話なのか虚構なのか曖昧な境界線に読み手を 凉をどうぞ、の一冊。七人の作家さんからどうぞと差し出された、凉のお中元のような七話。みなさん、さすがです。澤村伊智さんはストーリーの運び方といい、らしさ全開。実話なのか虚構なのか曖昧な境界線に読み手を留まらせ、不安感で包み込む加門七海さんも絶品。会社系怪談、異界と時代劇風怪談は好みは分かれそう。初読み霜島さんは田舎の古い家屋で雰囲気抜群。禁忌がたまらなく恐い。発起人三津田さんも間取り図つき家屋の怪。そこにたしかに居る、その恐怖が良い。日本家屋×怪異って最恐、最高。夏はやっぱりジャパニーズホラーが一番効く。 …続きを読む
    ちょろこ
    2023年07月07日
    140人がナイス!しています
  • 表紙に連ねられた怪の手練れ達の名前から、もうぞくぞくしてしまう。しかもそれぞれにテーマの縛りを与えて「最も恐いと思う怪談を書いて下さい」やるな、三津田信三!自分的なベストは澤村伊智さん「霊能者怪談」の 表紙に連ねられた怪の手練れ達の名前から、もうぞくぞくしてしまう。しかもそれぞれにテーマの縛りを与えて「最も恐いと思う怪談を書いて下さい」やるな、三津田信三!自分的なベストは澤村伊智さん「霊能者怪談」の縛りにこれは比嘉姉妹でしょ、の予想をあっさりとかわした上に、全くありきたりじゃない霊能者の話!二転三転の先のラストのおぉ、恐ろしいことよ。これ、読んでる自分にも障りがないの⁉️心配になる安定の怖さの加門七海さん、初読みながら他の作品にも手を出したくなる霧島ケイさんの『魔々』も良かった。 …続きを読む
    みっちゃん
    2023年09月06日
    138人がナイス!しています
  • 三津田信三さんが自信を含めて7人の作家にテーマを決めて依頼した様々な怪談のアンソロジー…霊能者、実話、異界、時代劇、民俗学、会社、建物…各話50ページ程度でテイストが違うのでサクサク楽しめた。澤村伊智さん 三津田信三さんが自信を含めて7人の作家にテーマを決めて依頼した様々な怪談のアンソロジー…霊能者、実話、異界、時代劇、民俗学、会社、建物…各話50ページ程度でテイストが違うのでサクサク楽しめた。澤村伊智さんの『サヤさん』は安定の面白さで「そうくるか!?」と思わされた。初読みの作家さんが大半だったが、名梁和泉さんの『燃頭のいた町』は想い出が絡んだ懐かしさと恐怖の塩梅が良かったし、霧島ケイさんの『魔々』も狭い社会の息苦しさや怨念が生理的な怖さと絡んでゾクゾクした。次なる企画を考えているらしいので楽しみに待とう。 …続きを読む
    しんたろー
    2023年11月30日
    127人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品