東大に名探偵はいない

東大に名探偵はいない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年01月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041125892

東大に名探偵はいない

  • 著者 市川 憂人
  • 著者 伊与原 新
  • 著者 新川 帆立
  • 著者 辻堂 ゆめ
  • 著者 結城 真一郎
  • 著者 浅野 皓生
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年01月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041125892

東大卒&東大生作家による「東大ミステリ」アンソロジー!

収録作
「泣きたくなるほどみじめな推理」 市川憂人
1995年、憧れの従姉を失った私は、彼女の痕跡を探すため東大の文芸サークルに入った。

「アスアサ五ジ ジシンアル」 伊与原 新
地震研に突然届いた1枚のはがき。虹で地震を予知したという「ムクヒラの電報」との関連は。

「東大生のウンコを見たいか?」 新川帆立
東大卒のミステリ作家・帆立は、親友リリーとともに農学部で起きたウンコ盗難事件の犯人を探す。

「片面の恋」 辻堂ゆめ
五月祭の準備中、クラスメートの熱烈な恋を一瞬にして冷めさせた「片面」の意味とは。

「いちおう東大です」 結城真一郎
美しく完璧な妻がまっさきに提示した新居の条件は、「東大が見えるところ」だった。

「テミスの逡巡」 浅野皓生 (東大生ミステリ小説コンテスト大賞受賞作)
卒業生の医師を取材した学生メディア「UTディスカバー」のもとに、彼は人殺しだという告発状が届く。
収録作
「泣きたくなるほどみじめな推理」 市川憂人
1995年、憧れの従姉を失った私は、彼女の痕跡を探すため東大の文芸サークルに入った。

「アスアサ五ジ ジシンアル」 伊与原 新
地震研に突然届いた1枚のはがき。虹で地震を予知したという「ムクヒラの電報」との関連は。

「東大生のウンコを見たいか?」 新川帆立
東大卒のミステリ作家・帆立は、親友リリーとともに農学部で起きたウンコ盗難事件の犯人を探す。

「片面の恋」 辻堂ゆめ
五月祭の準備中、クラスメートの熱烈な恋を一瞬にして冷めさせた「片面」の意味とは。

「いちおう東大です」 結城真一郎
美しく完璧な妻がまっさきに提示した新居の条件は、「東大が見えるところ」だった。

「テミスの逡巡」 浅野皓生 (東大生ミステリ小説コンテスト大賞受賞作)
卒業生の医師を取材した学生メディア「UTディスカバー」のもとに、彼は人殺しだという告発状が届く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

QuizKnockの河村拓哉さんに書評を寄稿していただきました!

「東大に名探偵はいない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東大出身作家による東大をお題としたアンソロジー、オススメは、新川帆立の「東大生のウンコを見たいか?」& 結城真一郎の「いちおう東大です」です。 https://kadobun.jp/special/todai-mystery/ 東大出身作家による東大をお題としたアンソロジー、オススメは、新川帆立の「東大生のウンコを見たいか?」& 結城真一郎の「いちおう東大です」です。 https://kadobun.jp/special/todai-mystery/
    starbro
    2023年02月10日
    283人がナイス!しています
  • 東大出身の作家陣による“東大縛り”のユニークなアンソロジー。市川憂人さんは僕と同学年なんですね!あの忘れもしない「1995年」の物語…実に感慨深かったです。伊与原新さんは“地震予知”にまつわる話…何だか切ないで 東大出身の作家陣による“東大縛り”のユニークなアンソロジー。市川憂人さんは僕と同学年なんですね!あの忘れもしない「1995年」の物語…実に感慨深かったです。伊与原新さんは“地震予知”にまつわる話…何だか切ないですね。新川帆立さんのは…実は強いメッセージが込められた“社会派”なんですけどね…とにかく「ウ◯コ」のインパクトが(笑) 辻堂ゆめさん&結城真一郎さんのは、どちらも「東大生」という“人種”そのものがテーマで興味津々!そして、ラストの浅野皓生さん…現役生が一番“硬派”なのがいかにも東大らしいですね(笑) …続きを読む
    麦ちゃんの下僕
    2023年03月09日
    177人がナイス!しています
  • 東大卒(院のみを含めた)若手6人の作家さん(あっ、ひとりは現役生)による東大を絡めたミステリーアンソロジー。東大出というと、いろんな意味で注目を集める。尊敬、あこがれ、そして妬み。何かをやれば東大だから、 東大卒(院のみを含めた)若手6人の作家さん(あっ、ひとりは現役生)による東大を絡めたミステリーアンソロジー。東大出というと、いろんな意味で注目を集める。尊敬、あこがれ、そして妬み。何かをやれば東大だから、ミスをすれば東大なのに…明るかったりフランクだったりすると東大ぽくない…ましてや女子は東大差別を受けたりする。そんなことを交えながら繰り広げられる話も興味深かった。現役東大生の浅野さん、これがデビュー作とか、今後が楽しみな作家さんの登場は嬉しい。 …続きを読む
    モルク
    2023年05月08日
    137人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品