ある日、僕が死にました 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年04月04日
商品形態:
電子書籍

ある日、僕が死にました

  • 著者 イ・ギョンヘ
  • 翻訳 小笠原 藤子
発売日:
2022年04月04日
商品形態:
電子書籍

韓国のベストセラー青春小説が日本上陸!

「涙がとまらない」と韓国中で話題となり、5か国で累計40万部突破したベストセラー小説。親友を亡くした少女が、遺作の日記を手にしたことで始まる喪失と再生の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ある日、僕が死にました」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • バイク事故で亡くなった男子生徒が日記を残していた。彼の思いに気づきながら喪失を受け入れていく少女。ジュブナイル。 バイク事故で亡くなった男子生徒が日記を残していた。彼の思いに気づきながら喪失を受け入れていく少女。ジュブナイル。
    星落秋風五丈原
    2022年04月20日
    16人がナイス!しています
  • バイク事故で死んでしまった親友ジェジュンが残した日記の冒頭は「ある日、僕が死にました。僕の死は何を意味んするのだろうか?」ジェジュンの母から日記を受け取ったユミ。どうしても親目線で読んでしまい、本当に バイク事故で死んでしまった親友ジェジュンが残した日記の冒頭は「ある日、僕が死にました。僕の死は何を意味んするのだろうか?」ジェジュンの母から日記を受け取ったユミ。どうしても親目線で読んでしまい、本当にたまらなかった。ジェジュンの青春の恋の輝き、苦悩ですらまぶしく尊いだけに突然絶ちきられた命。衝撃。ユミの言葉、想いは希望だ。 …続きを読む
    かたばみ
    2022年05月08日
    4人がナイス!しています
  • 帯の紹介からもっと「泣かせる」創意工夫のされた、悪く言えば「飾り立てられた」作品だとばかり思っていたが、実際に読んでみるとそうではなかった。そこには“友人の事故死”という衝撃には釣り合わないような、書 帯の紹介からもっと「泣かせる」創意工夫のされた、悪く言えば「飾り立てられた」作品だとばかり思っていたが、実際に読んでみるとそうではなかった。そこには“友人の事故死”という衝撃には釣り合わないような、書き立てる程でもない日常があって、「お涙頂戴」なドラマがあるわけではない。誰に起こってもおかしくない、大切な人の突然の死を受け入れる、どこにいてもおかしくない人間の姿があった。朝日が必ず昇るのと同じように、必ず誰かに死が訪れ、その死を恨んだり、受け入れたりする人がいるのだという、普遍さを綴ってある作品だと思う。 …続きを読む
    夏椎
    2022年05月26日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品