王妃さまのご衣裳係2 友愛の花は後宮に輝く

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041123973

王妃さまのご衣裳係2 友愛の花は後宮に輝く

  • 著者 結城 かおる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041123973

没落貴族の少女は成長し、世界の姿を知る。爽やかな中華青春物語、第2弾!

没落貴族の娘、今度は国の威信をかけたデザイナーになる!?
つい応援したくなる、痛快な中華青春後宮ファンタジー!

涼国(りょうこく)の没落貴族の娘・鈴玉(りんぎょく)が後宮の女官となって2年余り。
廃妃をめぐる大事件を乗り越え、王妃の衣裳係として平和な日々を送っていた。

そんな折、宗主国である天朝より、涼王の異母妹の明安(めいあん)公主を輿入れさせよとの命が下る。
後宮の殿舎同士で公主の嫁入り道具の衣裳を競作することになり、鈴玉は腕利きの尚服局女官と組むことに。
だが2人の仲は険悪で、公主の意向や好みも分からないと、問題は山積み。
さらに王を狙う不穏な動きに巻き込まれて……!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ


第一章 鈴玉、明安公主を知る
第二章 鈴玉、難題に奮闘す
第三章 鈴玉、銀漢宮へ使いす
第四章 鈴玉、橋上より人を送る

人物紹介

あらすじ


メディアミックス情報

NEWS

「王妃さまのご衣裳係2 友愛の花は後宮に輝く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ2作目。鈴玉は主上の妹・明安公主の輿入れのために衣裳を作る、という前作より一層衣裳係らしい展開となる。公主の婚儀を通して、涼国の置かれている立場がくっきりと描かれる。天朝(=宗主国=中華)に対 シリーズ2作目。鈴玉は主上の妹・明安公主の輿入れのために衣裳を作る、という前作より一層衣裳係らしい展開となる。公主の婚儀を通して、涼国の置かれている立場がくっきりと描かれる。天朝(=宗主国=中華)に対して、涼国は朝貢国として従属する立場にある。本作の中心となる婚礼も事件も、その関係性の中で展開し、従属するものの悲しみとやりきれなさが通奏低音となる。そこで活きてくるのが、前作以来変わらない、いや、少し成長したが相変わらず失われることのない鈴玉の勝ち気・明るさである(続) …続きを読む
    崩紫サロメ
    2022年04月21日
    16人がナイス!しています
  • 衣裳の競作をすることになったり、お使いの途中で事件に巻き込まれたりするシリーズ2作目。 最初は険悪だった紫琪と、少しずつ信頼関係を築いていくところが鈴玉らしくて良かった。 三章がスリリングで楽しかった 衣裳の競作をすることになったり、お使いの途中で事件に巻き込まれたりするシリーズ2作目。 最初は険悪だった紫琪と、少しずつ信頼関係を築いていくところが鈴玉らしくて良かった。 三章がスリリングで楽しかった。 星衛さんが格好良かったし、録のギャップが最高! …続きを読む
    なみ
    2022年05月02日
    13人がナイス!しています
  • ・前巻よりは「衣裳係」をしている。衣裳に重点を置くことは悪くはない。ただ、中国伝統衣装に興味があり、少しは知識がある私が読んでも、挿絵なしではよく分からぬ。カラー挿絵が欲しい。・最初は険悪だった、鈴玉 ・前巻よりは「衣裳係」をしている。衣裳に重点を置くことは悪くはない。ただ、中国伝統衣装に興味があり、少しは知識がある私が読んでも、挿絵なしではよく分からぬ。カラー挿絵が欲しい。・最初は険悪だった、鈴玉と紫琪とがお互いを補い合う良いコンビになれたのが良い。・前巻のストーリーが印象に残っていない。そのため、今巻のストーリーもよく分からなかった。・涼と天朝の関係・文化の違い、天朝の意図もよく分からぬ。・いくらピンチを救われたとはいえ、鈴玉がぽっと出の錄を、鄭家の養子と認め、「戦友」と呼んでいるのには違和感がある …続きを読む
    tokumei17794691
    2022年05月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品