青薔薇アンティークの小公女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040744193

青薔薇アンティークの小公女

  • 著者 道草 家守
  • イラスト 沙月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年05月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040744193

少女は絶望のふちで銀の貴公子に救われ、聡明さと美しさを取り戻す。

◆◇◆『龍に恋う』シリーズの道草家守が描く、新たなマイ・フェア・レディ物語!◆◇◆

 身寄りを亡くし、絶望の淵(ふち)にいた少女ローザ。彼女はある事情で、居場所も母の遺品すらも奪われてしまった。そこに手を差し伸べてくれたのが、美貌の貴公子アルヴィンだったーー。
 ローザは看板娘として、妖精と花のモチーフを蒐集(しゅうしゅう)した彼の店に勤めることに。地位と財をもち、一風変わった彼の優しさに触れて、次第にローザは生来の聡明さと凛と美しい佇(たたず)まいを取り戻していく。
 一方、アルヴィンが伝承上の妖精に強い関心を寄せる背景にも、秘めた過去と哀しみがあり……?
 伝承とアンティークに託された謎が、孤独な二人の魂を救う福音となる。西洋風幻想浪漫開幕!

~~~~妖精の伝承が薄れた産業革命時代。孤独な少女と銀の貴公子が、かけがえのない愛を見つける。これは時代に忘れられた、優しいフェアリーテイル~~~~


◆◇◆登場人物紹介◆◇◆

主人公・ローザ …… 母が亡くなり天涯孤独になった少女。上流階級の美しい言葉と所作を身につけている。労働階級のなかでは浮いた存在だった。

銀の貴公子・アルヴィン …… 地位と財をもつが、風変わりで謎めいた青年。伝承上の妖精に対して強い関心を寄せる背景には秘めた過去があるようで…?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

contents
序章 ブラウニーの困りごと
一章 シーリー・コートとお茶会を
二章 レプラコーンの宝箱
三章 バン・シーの隠しごと
終章 青薔薇(ブルーローズ)はうつむかない

作品紹介


メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

作品紹介PV

「青薔薇アンティークの小公女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 妖精の伝承が薄れた産業革命時代。母を亡くし職も失い絶望の淵にいた少女ローザが美貌の貴公子アルヴィンに救われ、彼の店・青薔薇骨董店で働き始める西洋風幻想浪漫。妖精と花のモチーフを蒐集する店で働きながら、 妖精の伝承が薄れた産業革命時代。母を亡くし職も失い絶望の淵にいた少女ローザが美貌の貴公子アルヴィンに救われ、彼の店・青薔薇骨董店で働き始める西洋風幻想浪漫。妖精と花のモチーフを蒐集する店で働きながら、生来の聡明さと凛と美しい佇まいを取り戻していくローザ。彼女が出会う労働階級の少年が貴婦人に返したいブローチ、夫を亡くした貴婦人の宝箱、そして苦い過去との再会。アルヴィンに認められて自信を取り戻したローザが、彼の心を揺さぶる存在になっていって、二人で解決に導く事件もまたそれぞれが印象的なとても優しい物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2022年05月14日
    38人がナイス!しています
  • ローザの父親もアルヴィンの父親も明かされず。ローザの母の出自も気になります。おどおどしていたローザが顔を上げてはっきり喋れるようになってから話が面白くなってきました。発達障害かのようなアルヴィンの描写 ローザの父親もアルヴィンの父親も明かされず。ローザの母の出自も気になります。おどおどしていたローザが顔を上げてはっきり喋れるようになってから話が面白くなってきました。発達障害かのようなアルヴィンの描写が、完璧なイケメン金持ちヒーローとは違った風味を持たせてくれています。 …続きを読む
    すがはら
    2022年06月24日
    22人がナイス!しています
  • 知性とか所作とかはしっかりしてる女の子だけど虐げられて育った子が青薔薇骨董品店で働く話。最初結構現実と離れているというか、ヨーロッパ風というか?で少し読みづらさは感じたけど、後半からは凄く面白くなって 知性とか所作とかはしっかりしてる女の子だけど虐げられて育った子が青薔薇骨董品店で働く話。最初結構現実と離れているというか、ヨーロッパ風というか?で少し読みづらさは感じたけど、後半からは凄く面白くなってきて、それぞれの過去とか垣間見れて良かった。第2・3章ぐらいからが面白い。最後の最後に1番最初のエピソードがある所もすっっごい良かった(笑) 全体的にキュン度は低めかも。 …続きを読む
    はづき
    2022年06月27日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:道草家守

道草家守

2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー。
以来、繊細な描写で人気を博す、実力派作家。著作に『帝都コトガミ浪漫譚 勤労乙女と押しかけ従者』(ことのは文庫)ほか、第2回富士見ノベル大賞にて審査員特別賞を受賞した『明治乙女のお勤め妖異譚』を改題・改稿のうえ上梓した「龍に恋う」シリーズなど、著作多数。

最近チェックした商品