きみは雪をみることができない

第28回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049142341

第28回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作

きみは雪をみることができない

  • 著者 人間 六度
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049142341

恋に落ちた先輩は、冬眠する女性だった。この冬一番泣ける、奇跡の恋物語。

『今夜、世界からこの恋が消えても』『君は月夜に光り輝く』を輩出した新人賞
第28回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作
新時代の恋愛小説

名前のない病を患った彼女との、すれ違う恋の物語
ある夏の夜、文学部一年の埋夏樹は、芸術学部に通う岩戸優紀と出会い恋に落ちる。いくつもの夜を共にする二人。だが彼女は「きみには幸せになってほしい。早くかわいい彼女ができるといいなぁ」と言い残し彼の前から姿を消す。
もう一度会いたくて何とかして優紀の実家を訪れるが、そこで彼女が「冬眠する病」に冒されていることを知り――。

現代版「眠り姫」が投げかける、人と違うことによる生き難さと、大切な人に会えない切なさ。冬を無くした彼女の秘密と恋の奇跡を描く感動作。
会うこともままならないこの世界で生まれた、恋の奇跡。

≪登場人物紹介≫
埋 夏樹:都内の大学に通う文学部一年生。小説を書いているが、そのことに自信を持てないでいる。映像サークルの新歓の席に耐えられず逃げた時に優紀と親しくなる。

岩戸優紀:夏樹と同じ大学に通う芸術学部二年生。ある理由のため、冬の期間だけ大学から姿を消す。交際歴が多く、何かと噂の的になっている。辛い食べ物に目がない。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
一章 ずっと夏だったらいいのに
二章 夜のコンビニ
三章 ひかり 599 11:32 新大阪行き
終章 きみは雪をみることができない

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

【PV】この冬一番泣ける、奇跡の恋物語『きみは雪をみることができない』人間六度/第28回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作

『きみは雪をみることができない』みきとP feat.ねんね

「きみは雪をみることができない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ある夏の夜、芸術学部に通う岩戸優紀と出会い恋に落ちた文学部一年の埋夏樹。いくつもの夜を共にしながら彼の前から姿を消してしまう、名前のない病を患った彼女とのすれ違う恋の物語。突然姿を消した優紀にショック ある夏の夜、芸術学部に通う岩戸優紀と出会い恋に落ちた文学部一年の埋夏樹。いくつもの夜を共にしながら彼の前から姿を消してしまう、名前のない病を患った彼女とのすれ違う恋の物語。突然姿を消した優紀にショックを隠しきれない夏樹が、もう一度会いたくて何とかして彼女の実家を訪れた結果知ることになる彼女の事情。難しい境遇にあった彼女と向き合う覚悟を決めたことで直面する夏樹の喪失感、けれどそれにはもうひとつの側面が隠されていて、何とも切ないすれ違いを乗り越えた二人が迎えた結末に、このタイトルの意味を改めて噛み締めました。 …続きを読む
    よっち
    2022年04月07日
    38人がナイス!しています
  • 献本プレゼント当選より。読書メーター様、誠にありがとうございました! 雪のよう純粋で淡く、でも心の底では深く繋がった恋に、気持ちが透明に雪がれるような本でした。タイトルが意味するところが感涙を誘います 献本プレゼント当選より。読書メーター様、誠にありがとうございました! 雪のよう純粋で淡く、でも心の底では深く繋がった恋に、気持ちが透明に雪がれるような本でした。タイトルが意味するところが感涙を誘います。 …続きを読む
    あまつ
    2022年03月26日
    27人がナイス!しています
  • 大学1年生の夏樹は、優紀に出会い恋に落ちる。しかし彼女は突然、夏樹の前から姿を消してしまう。 優紀が抱える\冬眠する病\に振り回されながらも、2人は寄り添っていきます。 2人の出会いは間違いではなかっ 大学1年生の夏樹は、優紀に出会い恋に落ちる。しかし彼女は突然、夏樹の前から姿を消してしまう。 優紀が抱える\冬眠する病\に振り回されながらも、2人は寄り添っていきます。 2人の出会いは間違いではなかったんだと思える、印象的なラストが素敵でした。 …続きを読む
    なみ
    2022年02月28日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品