犯人は僕だけが知っている 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月22日
商品形態:
電子書籍

犯人は僕だけが知っている

  • 著者 松村 涼哉
発売日:
2021年12月22日
商品形態:
電子書籍

クラスメイトが消えた。壊れかけた世界でおきる、謎の連続失踪事件――

 過疎化する町にある高校の教室で、一人の生徒が消えた。最初は家出と思われたが、失踪者は次々に増え、学校は騒然とする。だけど――僕だけは知っている。姿を消した三人が生きていることを。
 それぞれの事情から逃げてきた三人は、僕の部屋でつかの間の休息を得て、日常に戻るはずだった。だが、「四人目」の失踪者が死体で発見されたことで、事態は急変する――僕らは誰かに狙われているのか? 
 壊れかけた世界で始まる犯人探し。大きなうねりが、後戻りできない僕らをのみこんでゆく。

 発売直後から反響を呼び大重版が続き15万部を突破した『15歳のテロリスト』の松村涼哉がおくる、慟哭の衝撃ミステリー最新作!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「犯人は僕だけが知っている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松村先生らしく、重めの物語は読後にしんみりとさせてくれる。帯には「子供たちが次々と消えていく」とか「謎の連続失踪事件」との謳い文句で、ミステリー作品をアピールしてるけど、卒直な感想としてはミステリーと 松村先生らしく、重めの物語は読後にしんみりとさせてくれる。帯には「子供たちが次々と消えていく」とか「謎の連続失踪事件」との謳い文句で、ミステリー作品をアピールしてるけど、卒直な感想としてはミステリーというよりも、登場人物達が抱える悩みや問題、そこに友情を絡めてみせる切ない物語だと感じた。キーとなる“ゲーム”に例えるならば、いろんな選択肢があってこその人生。やり直しはきかないけども選べるコマンドは1つだけとは限らない。間違いもあればそれを正す道もある。社会問題を組み込む熱量のある一冊に思わず胸が熱くなった。 …続きを読む
    ナルピーチ
    2022年06月27日
    153人がナイス!しています
  • 過疎化する町の高校で突然消えたクラスメイト。最初は家出と思われた失踪者は次々と増え、しかし四人目の失踪者が死体で発見されて事態は急変する慟哭のミステリ。それぞれの事情から逃げて同級生・堀口の部屋でつか 過疎化する町の高校で突然消えたクラスメイト。最初は家出と思われた失踪者は次々と増え、しかし四人目の失踪者が死体で発見されて事態は急変する慟哭のミステリ。それぞれの事情から逃げて同級生・堀口の部屋でつかの間の休息を得て、日常に戻るはずだった三人。しかし死んでいた同級生、部屋で発見された凶器のナイフ、身近に殺人者がいる可能性。情報が錯綜する中で失踪する堀口、明らかになってゆく三人の背景と閉塞感、積み重ねてきた伏線を回収しながら追い詰められてゆく彼らの状況を見事打破してみせた解決方法がなかなか鮮烈な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年12月22日
    44人がナイス!しています
  • ただただ脱帽。若者の関わる社会問題を書かせたら日本で五本の指に入る作家・松村涼哉のクオリティはそのままに、加えて「誰が失踪者を殺したのか」という純粋なミステリーの要素、そしてその解決を結論とせず、その ただただ脱帽。若者の関わる社会問題を書かせたら日本で五本の指に入る作家・松村涼哉のクオリティはそのままに、加えて「誰が失踪者を殺したのか」という純粋なミステリーの要素、そしてその解決を結論とせず、その先まで「犯人捜し」というかたちで話を進める筆力がひたすらにすごい。最後の1ページを読み終わった後に生まれる爽やかさ、そしてタイトルに込められた意味と表紙のイラストを改めて見て感じる恐ろしさが同時に味わえたことに感動しかない。 …続きを読む
    きたさん
    2022年04月01日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品