後宮妃の管理人 六 ~寵臣夫婦は企てる~

後宮妃の管理人 六 ~寵臣夫婦は企てる~ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年03月15日
商品形態:
電子書籍

後宮妃の管理人 六 ~寵臣夫婦は企てる~

  • 著者 しきみ 彰
  • イラスト Izumi
発売日:
2022年03月15日
商品形態:
電子書籍

異国の姫の後宮入りが呼ぶ波乱。国を巻き込む試練に寵臣夫婦はどう動く?

 後に『醜毒の乱』と名付けられる国家転覆の企ては、優蘭と皓月、健美省の活躍で解決に至った。後宮に巣食う黒幕は排され、これで穏やかな春が迎えられる――そんな優蘭の願いも虚しく、新たな波乱が幕を開ける。件の事件の謝罪として、隣国の姫君・桜綾が後宮入りすることになったのだ。
 この桜綾がとんだワガママ姫で、事あるごとに妃嬪たちと衝突。ついには四夫人の一人・静華に喧嘩を売るという、優蘭が最も恐れていた事態に発展し!?
 国をも巻き込む新たな試練。渦中の姫に、寵臣夫婦は何を見る?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「後宮妃の管理人 六 ~寵臣夫婦は企てる~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 優蘭と皓月、健美省の活躍で解決に至った醜毒の乱。しかしそれが落ち着く前に、件の事件の謝罪として隣国の姫君・桜綾が後宮入りする第六弾。ことあるごとに周囲と衝突し、ついには四夫人の一人・静華に喧嘩を売って 優蘭と皓月、健美省の活躍で解決に至った醜毒の乱。しかしそれが落ち着く前に、件の事件の謝罪として隣国の姫君・桜綾が後宮入りする第六弾。ことあるごとに周囲と衝突し、ついには四夫人の一人・静華に喧嘩を売ってしまう桜綾。国家間の問題に発展しかねない状況を憂慮する優蘭、妃たちが気づいた桜綾に対する違和感。危機的状況に後宮内の派閥を乗り越えた協力体制ができて、優蘭たちが積み重ねてきたことがようやく認められてきたということなんですかね。二人の結婚に至る背景も明らかになりましたけど、一息つけた優蘭たちの関係進展にも期待。 …続きを読む
    よっち
    2022年05月07日
    28人がナイス!しています
  • 元々このシリーズは、序盤の「(後宮の)女性のために真摯に働き、女性たちはそのことを感謝して信頼する」という展開が好きだったので、そういう原点に回帰してた感があって満足度が高かったです。 そうそう、僕は 元々このシリーズは、序盤の「(後宮の)女性のために真摯に働き、女性たちはそのことを感謝して信頼する」という展開が好きだったので、そういう原点に回帰してた感があって満足度が高かったです。 そうそう、僕はこの作品のこういうところが読みたかったんです。 …続きを読む
    菊地
    2022年03月29日
    3人がナイス!しています
  • ・4、5巻を除いて微妙な感じの作品だったし、前後編の4、5巻で話のキリも付いたので、今巻を読むかは少し迷った。結果は、読んで悪くはなかった。・想定日本の和宮皇国の姫君輿入れに絡めて、和菓子を小道具にし ・4、5巻を除いて微妙な感じの作品だったし、前後編の4、5巻で話のキリも付いたので、今巻を読むかは少し迷った。結果は、読んで悪くはなかった。・想定日本の和宮皇国の姫君輿入れに絡めて、和菓子を小道具にしたのが良い。・最初の頃は「女好きのバカ殿皇帝に振り回される寵臣夫婦の話」という感じだったが、4巻以降は後宮の陰謀や外交が関係している。皇帝・劉亮は単なる女好きのバカ殿か? 案外キレモノか? ・外交も関係してきているので、そろそろ作中の世界地図や、より詳細な登場人物一覧が欲しい。 …続きを読む
    tokumei17794691
    2022年03月28日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品