いい人でいる必要なんてない

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784046055101

いい人でいる必要なんてない

  • 著者 ナダル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784046055101

コロチキ・ナダル初著書!今最も本音で生きる男の生き方を綴ったエッセイ

―「稀代のモンスター芸人は誰よりも“人間”だった」。

人気お笑いコンビ、コロコロチキチキペッパーズ・ナダル初著書。
「本音を隠さない」「忖度しない」「失敗を恐れない」etc.
今最もストレスフリーな男の生き方を綴るエッセイ。

「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の人気企画「ひんしゅく体験!ナダル・アンビリバボー」や
「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画以来、すっかりクズ芸人としてのイメージが定着したナダル。
しかしその実、あらゆることに開き直って本音で生きる彼の姿に、共感する者も少なくありません。

大きな反響を呼んだ子ども時代のいじめ、誰よりも劣等生だった養成所時代、
相方への絶対的な信頼、守るべき家族の存在、そして“お笑い”への情熱と飽くなき探求心etc.
怪物の仮面の奥には、数多の苦悩や葛藤があり、一喜一憂し、人一倍優しい、誰よりも“人間らしい”素顔がありました。
そしてナダルが導き出した答えは、「自分を犠牲にしてまで、いい人でいる必要はない」ということ。

本書は、そんな彼の経験に基づいたナダル流の「本音で生きる術」をまとめました。
「人間関係に気疲れしてしまう」「思ったことをなかなか言えない」「すぐ人に気を使ってしまう」etc.
こんな悩むを持つ人にヒントを与えてくれる一冊です。

また、FUJIWARA・藤本敏史、麒麟・川島明、ミキ・亜生、霜降り明星・粗品、ゆりやんレトリィバァといった
親交のある芸人と業界関係者からの秘蔵エピソードや、
実家で母親とのガチ対談、相方・西野からの手紙といった特別企画も収録。
故郷の京都・南山城村ロケや愛する家族との休日など、撮り下ろしグラビアも必見です。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章 正論押し付けマン
第2章 お笑い劣等生
第3章 クズ芸人の矜持
第4章 最愛のカンケイ

コラム
◎ナダルのルーツを探る おかんとおとんと実家で話す
◎相方・西野からの手紙
◎実録!僕たちが見たナダルの“やばくてイッちゃってる話”

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

ナダル「自分を犠牲にしてまでいい人でいる必要なんてない」

ナダルの著書が大バズりの予感です

「いい人でいる必要なんてない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ナダル初エッセイ!ナダル・アンビリーバボーも水ダウドッキリも大好きです。あれだけ面白いのは、ナダルが普通は言えない、でも誰もが実は抱えている思いの代弁者でもあるからかも。クズキャラは武器、キャラ作りと ナダル初エッセイ!ナダル・アンビリーバボーも水ダウドッキリも大好きです。あれだけ面白いのは、ナダルが普通は言えない、でも誰もが実は抱えている思いの代弁者でもあるからかも。クズキャラは武器、キャラ作りとのことで本書では知られざるナダルの一面が見えますが、本当にクズじゃないのか疑わしいところ含めてやっぱり面白いですwクロちゃんとかを見てても思いますが、ナダルも自分に求められている仕事をきっちりこなすし本気のクズだったらお仕事もないよなーと思うのでやっぱりプロって凄い。そして奥さんは本当に素敵な人!ただ、→ …続きを読む
    あっか
    2022年03月01日
    55人がナイス!しています
  • 図書館本。一日で読んでしまった。クズキャラ芸人として認知されるナダルの人間臭さが詰まった自伝的エッセイ。両親から与えられた愛情、相方の彗眼、妻と子どもを愛し、また愛され、芸人仲間に慕われる姿。人との出 図書館本。一日で読んでしまった。クズキャラ芸人として認知されるナダルの人間臭さが詰まった自伝的エッセイ。両親から与えられた愛情、相方の彗眼、妻と子どもを愛し、また愛され、芸人仲間に慕われる姿。人との出会いに恵まれまくっているナダルはある意味で極めつけの『いい人』でしかなかった(笑) …続きを読む
    black_black
    2022年03月21日
    5人がナイス!しています
  • いい人でいる必要なんてない 著:ナダル まわりの目を気にしまくっていた若かりし頃の僕。正直ここまで強靭なメンタルを手に入れられたのは、芸人になって成功するために強制的にでも自分を変える必要があったか いい人でいる必要なんてない 著:ナダル まわりの目を気にしまくっていた若かりし頃の僕。正直ここまで強靭なメンタルを手に入れられたのは、芸人になって成功するために強制的にでも自分を変える必要があったから。自分を変えることによって、芸人として、そして人としても生きていくことが楽になってきた。今まわりや世間の目を気にしてしまってて、生きるのもしんどい、人生おもんないと思っている方々に向けて、素のナダルが私たちに諭してくれている。 …続きを読む
    Takateru Imazu
    2022年03月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:ナダル

ナダル

1984年生まれ、京都府出身。吉本興業所属のお笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のボケ担当。「キングオブコント2015」優勝。「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の名物コーナー「ひんしゅく体験!ナダル・アンビリバボー」や「水曜日のダウンタウン」(TBS系)のドッキリ企画などで人気を博す。クズ芸人として名を馳せながらも、SNS社会やコロナ禍において「本音を隠さない正直さ」「忖度しない芯の強さ」といった生き方が多くの共感を呼んでいる。YouTube「よろチキチャンネル」はチャンネル登録者数26万人を超える。

最近チェックした商品