渇水

渇水

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041119921
label

渇水

  • 著者 河林 満
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041119921

映画化も決定!市井に生きる人々の姿を繊細に描き出す短編集。

市役所の水道部に勤め、水道を止める「停水執行」を担当する岩切は、3年間支払いが滞っている小出秀作の家で、秀作の娘・恵子と久美子姉妹に出会う。小出の妻は不在、秀作も長いあいだ家に戻っていなかった。姉妹との交流を重ねていく岩切だったが、停水執行の期限は刻々と迫っていた――。芥川賞候補にもなった表題作「渇水」を含めた3編を収録。厳しい日常を懸命に生きる人々を濃密に描き出す、絶望の底に希望の光がきらめく作品集。 市役所の水道部に勤め、水道を止める「停水執行」を担当する岩切は、3年間支払いが滞っている小出秀作の家で、秀作の娘・恵子と久美子姉妹に出会う。小出の妻は不在、秀作も長いあいだ家に戻っていなかった。姉妹との交流を重ねていく岩切だったが、停水執行の期限は刻々と迫っていた――。芥川賞候補にもなった表題作「渇水」を含めた3編を収録。厳しい日常を懸命に生きる人々を濃密に描き出す、絶望の底に希望の光がきらめく作品集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

渇水
海辺のひかり
千年の通夜

解説 佐久間文子

「渇水」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私ならこんな仕事は続けられない。上司はこの家族のことを書類でしか知らないし。しかし、彼は市民と直に対面し、一人一人の顔が脳裏に刻まれるのだから。執行した彼は、とても重い責任の一端を感じることに。予感が 私ならこんな仕事は続けられない。上司はこの家族のことを書類でしか知らないし。しかし、彼は市民と直に対面し、一人一人の顔が脳裏に刻まれるのだから。執行した彼は、とても重い責任の一端を感じることに。予感が、こうなることがあらかじめ予想されてもいた。仕事によってはそれを長く続ければ心を病んでしまう人もいる。昨今ならクレームの処理などが想像しやすい。ライフラインで最後に止まるのが水道で、それはいちばん生死にかかわるものだから。それでも最後の最後、給水停止を執行しなくてはならない事がある。決して無慈悲にではなくて。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2023年06月19日
    98人がナイス!しています
  • 表題作は、市役所の水道部で支払いの滞った家庭の水道を止める停水執行を担当する男視点での話。電気ガス水道の中で、命に関わる水は最後に止められると聞いている。しかし3年も滞ったらやはり止めるしかないのだろ 表題作は、市役所の水道部で支払いの滞った家庭の水道を止める停水執行を担当する男視点での話。電気ガス水道の中で、命に関わる水は最後に止められると聞いている。しかし3年も滞ったらやはり止めるしかないのだろう。この物語はバブル末期に書かれたとのことだが、なぜか現代の方が貧困がリアルに身近にあるような気がする。物語のラスト、執行を行ったゆえにおきたことに思わず息をするのを忘れた。生田斗真主演で映画化され今週公開。この特別な感覚を映像ではどう表現したのだろう。…他は墓の移動の話と通夜の話。どちらもとても濃かった。 …続きを読む
    aquamarine
    2023年05月29日
    76人がナイス!しています
  • 🌟🌟☆☆☆。2023年6月に公開された映画『渇水』(鑑賞済み)を含む三篇の短編集。三篇に共通するテーマは「死」。なので全体的に暗い。【渇水】著者の体験を基にして書いた私小説的作品。愉しむ前にどうも俺は著者の文体と 🌟🌟☆☆☆。2023年6月に公開された映画『渇水』(鑑賞済み)を含む三篇の短編集。三篇に共通するテーマは「死」。なので全体的に暗い。【渇水】著者の体験を基にして書いた私小説的作品。愉しむ前にどうも俺は著者の文体と相性が悪いらしい。中々スッと胸に入って来なかった割に読んだ後も印象が薄い。珍しく原作ではなく映画の方が良かった。【海辺のひかり】とにかくお母さんがひたすら可哀想なお話。あとは訛りがエグ過ぎて読み辛かった。【千年の通夜】三篇の中では一番読みやすかったものの「ふ〜ん。」ってカンジの感想。 …続きを読む
    はるを
    2023年06月15日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品