大正着物鬼譚 花街の困り事、承ります

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040742809

大正着物鬼譚 花街の困り事、承ります

  • 著者 相沢 泉見
  • イラスト 優子鈴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040742809

着物好きだが極度の音痴!? 残念な見習い芸者の、置屋謎解きミステリー!

義母が強いる縁談に嫌気が差し、実家を飛び出した呉服屋の娘・瑛子。
浅草をさ迷っていると、ひょんなことから美しい京友禅を羽織った不思議な青年・冬真と出会う。

下町の箱屋で働く冬真の紹介で向島へ向かうと、そこは華やかな芸者やその見習いの半玉が身を置く置屋『鬼乃屋』。瑛子は女将の勧めで、半玉の見習い「仕込み」として住み込むことになった。
するとそこへ「鬼が現れた!」と番頭が持ち込む騒動に巻き込まれてしまい――!?

持ち前の着物愛と極度な音痴で挑む、下町謎解きミステリー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「大正着物鬼譚 花街の困り事、承ります」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 継母に厄介払いのような結婚を強いられそうになった瑛子は家出をし、浅草に来ていた。そこで、見事な着物を着こなす男性を追いかけたら、スリに巻き込まれ、なんだかんだと置き屋に住むことになった(置き屋は芸者見 継母に厄介払いのような結婚を強いられそうになった瑛子は家出をし、浅草に来ていた。そこで、見事な着物を着こなす男性を追いかけたら、スリに巻き込まれ、なんだかんだと置き屋に住むことになった(置き屋は芸者見習いを置くお家)。ただし、置き屋に持ち込まれる厄介事を解決したら、という条件がついた。着物を着た男性─冬真とともに、実家が呉服屋で、美しい着物が大好きな瑛子は、芸者の着物でもその知識を活かし、謎を解くというお話。→全体的に話が中途で終わってるので続編ありき?話は深くはないけれどさらっと読めて面白くはあった。 …続きを読む
    かなで
    2021年12月14日
    19人がナイス!しています
  • 呉服屋の娘が望まぬ結婚をさせられそうになり出奔。行く宛てもなく成り行きで花街に。 大前提として花街である必要性、呉服屋の娘で着物知識が深い設定の必要性がない。どうしてもその設定が必要だという理由もない 呉服屋の娘が望まぬ結婚をさせられそうになり出奔。行く宛てもなく成り行きで花街に。 大前提として花街である必要性、呉服屋の娘で着物知識が深い設定の必要性がない。どうしてもその設定が必要だという理由もない。ヒーローに拾われる展開からそれこそ街の呉服屋で、って流れで十分であるのに何故花街?ヒロインの設定と舞台設定が上手く結びつかない。 そして全体的に中途半端。ヒーローの能力もわざわざ神聖なものにする必要があるのかとか。結局物取りはどうなったとか。番頭?もどこいったとか。この作品は何処に焦点を当てているんだろう。 …続きを読む
    虚と紅羽
    2022年04月10日
    13人がナイス!しています
  • 表紙の感じから期待はしていなかったのに、想像以上に面白かったです。着物の知識が全くないのて、読んでいて勉強にもなりました。1話の花ちゃんが、気持ちが理解出来るだけに不憫でした。これも勉強だと思って前に 表紙の感じから期待はしていなかったのに、想像以上に面白かったです。着物の知識が全くないのて、読んでいて勉強にもなりました。1話の花ちゃんが、気持ちが理解出来るだけに不憫でした。これも勉強だと思って前に進めると良いなと思います。続編が出たら読みたいと思います。 …続きを読む
    へいぞー
    2022年03月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品