インド史 南アジアの歴史と文化

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041118504

インド史 南アジアの歴史と文化

  • 著者 辛島 昇
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041118504

多様性をのみこむ5000年の文明史

インダス文明から始まり、カースト制度の成立や仏教の誕生、列強による植民地化、そして独立運動に至るまで、5000年にわたる悠久のインド史を南アジア研究の大家が描き出す。写真40点を掲載。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

1 諸民族の来住とインダス文明
2 アーリヤ民族の進出
3 仏教とマウリヤ朝
4 クシャーナ朝と南インドの発展
5 グプタ朝とヒンドゥー文化
6 ラージプート諸国家とチョーラ朝
7 イスラーム政権の出現
8 ムガル帝国の発展とヴィジャヤナガル王国
9 マラーターの台頭とムガル帝国の瓦解
10 ヨーロッパ諸勢力の進出
11 イギリス植民地支配と「インド大反乱」
12 国民会議派の出現
13 ガンディーの登場
14 分離と独立
15 新しい秩序の模索
参考文献
年表
解説 大村次郷

メディアミックス情報

NEWS

「インド史 南アジアの歴史と文化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歴史的な、特に古代から中世に掛けて名前も聞いたことのない王朝や、多くの宗教の変遷が全く頭に入って来ず、自分に呆れました。タージマハル=イスラム文化のムガル帝国や、アンベードカルの仏教との、単語程度の断 歴史的な、特に古代から中世に掛けて名前も聞いたことのない王朝や、多くの宗教の変遷が全く頭に入って来ず、自分に呆れました。タージマハル=イスラム文化のムガル帝国や、アンベードカルの仏教との、単語程度の断片的な知識しかない私には、時系列的・体系的には把握出来ず、本書は「タイパ」の悪い選書ミス(この歳で学術的アプローチは間違い!)でした。著者が言う「現在に至っては、言語民族・カースト・経済階層に分断されているインドを統一する原理は何なのか(宗教なのか?)」を手掛かりに、いつか再チャレンジ。(◎2022年・春) …続きを読む
    原玉幸子
    2022年03月05日
    20人がナイス!しています
  • 手軽にインド史を通読可能。複雑に入り乱れる民族や宗教をどうまとめるのか2000年以上奮闘してきた。パキスタンやバングラデシュ,スリランカとの関係など,南インドの混沌とした状況はカレーではくくれない。 手軽にインド史を通読可能。複雑に入り乱れる民族や宗教をどうまとめるのか2000年以上奮闘してきた。パキスタンやバングラデシュ,スリランカとの関係など,南インドの混沌とした状況はカレーではくくれない。
    R
    2022年01月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品