しずく石町の法律家は狼と眠る

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041117781

関連作品有り

しずく石町の法律家は狼と眠る

  • 著者 菅野 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041117781

真面目な美形法律家と「家族」の白い狼、そして敏腕弁護士の秘密って?

東京都23区の片隅、しずく石町。
この町で法律事務所を営む空良(そら)は、白い犬のふりをした狼と暮らしている。
風火(ふうか)という名のその狼は、
実は空良の弟で、2人きりの時だけ人間に戻れる。
そんな不思議な兄弟に厄介な同居人が! 
敏腕弁護士の田村麻呂だ。
スーツを着こなす美丈夫の彼は、
空良の検察時代の宿敵、いやもっと前、
田村麻呂が征夷大将軍だった頃からの因縁の相手で……。
1200年を生きる宿命的な3人の、前人未読の法律相談事件録!

もくじ

目  次
法律家は下宿人と拗れる  5
法律家は依頼人に翻弄される 181

メディアミックス情報

NEWS

「しずく石町の法律家は狼と眠る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読後にこみあげた種々の感情を大事にしたい。言葉の選び方、行間に滲む感情、日常を足掻きながら生きる人々の姿。何もかもが菅野さんらしくて、痛いんだけど心地よい。坂上田村麻呂、弥勒菩薩、阿弖流為、現代社会の 読後にこみあげた種々の感情を大事にしたい。言葉の選び方、行間に滲む感情、日常を足掻きながら生きる人々の姿。何もかもが菅野さんらしくて、痛いんだけど心地よい。坂上田村麻呂、弥勒菩薩、阿弖流為、現代社会の弁護士、公認不正検査士、ニホンオオカミ。どう考えても相容れなさそうな者たちの全てが矛盾なく混在し、進行する物語。コミカルな部分も含みつつ、けれど、生きることの意味を真摯に問われ、更には震災後の被災地の在り方すら考えさせれらる。田村麻呂と空良と風火。彼らの在り様が少し物哀しく、だけど微笑ましくてとても好き。→ …続きを読む
    みやこ
    2021年11月30日
    56人がナイス!しています
  • 法律家の空良と白い狼の風火は兄弟、同居人は元・征夷大将軍で現在弁護士の田村麻呂。彼ら三人、1200年続くながい縁。モフモフとラーメンとイケメンと大きな愛。人前では白い大型犬の姿になる弟・風火の純粋さが 法律家の空良と白い狼の風火は兄弟、同居人は元・征夷大将軍で現在弁護士の田村麻呂。彼ら三人、1200年続くながい縁。モフモフとラーメンとイケメンと大きな愛。人前では白い大型犬の姿になる弟・風火の純粋さがよかった。あにあにするの大変。風火の作るごはんはとてもおいしそう。ぴったりくっついてる兄弟美しい。邪な考えで表紙買いしてすみませんでした。表紙:円陣闇丸先生。キャラ紹介頁にもう一枚イラストあり。 …続きを読む
    黒ごま
    2021年11月27日
    17人がナイス!しています
  • 1200年以上も生き続け現代に生きる、蝦夷の族長阿弖流為を討った征夷大将軍・坂上田村麻呂と、蝦夷の民・空良と風火の物語。タイトルや表紙から窺えるほのぼの日常系のニュアンスはあまりなく、法律=律令という 1200年以上も生き続け現代に生きる、蝦夷の族長阿弖流為を討った征夷大将軍・坂上田村麻呂と、蝦夷の民・空良と風火の物語。タイトルや表紙から窺えるほのぼの日常系のニュアンスはあまりなく、法律=律令という視点から、生きること、人間とは何かをシビアに、けれど温かく描いていたように感じました。執拗なまでに重苦しい人間の描き方が、とても作者らしいと思わされる作品。個人的に、以前読んだ『神様の御用人』での阿弖流為と坂上田村麻呂の話が脳裏によみがえり、いっそう苦しさが切実に感じられたように思います。 …続きを読む
    きたさん
    2021年11月28日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品