試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
520
ISBN:
9784049139440

春夏秋冬代行者 夏の舞 上

  • 著者 暁 佳奈
  • イラスト スオウ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年07月08日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
520
ISBN:
9784049139440

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』暁佳奈が贈る四季の物語、再び。

「汝の名は『夏』、春に続く者」――
 かつて、神々たる四季は、人間の一部にその力を与えた。春、夏、秋、冬。それぞれの季節を顕現する者は“四季の代行者”と呼ばれ、権能を得た彼彼女らは、人の身でありながら季節そのもの、つまり、現人神となった。
 時に黎明二十年、大海原に浮かぶ島国『大和』は激震に見舞われる。春の少女神、花葉雛菊の十年ぶりの帰還。過激派【華歳】による夏、秋への襲撃。そして、過去に類を見ない春夏秋冬の共同戦線。
 数多の困難を経て、勝利を収めた四季陣営だったが、ここで一つの問題が起きる。夏の代行者、葉桜姉妹が史上初の「双子神」となってしまったのだ。これは吉兆か、あるいは、凶兆か。季節は夏。いま再び、代行者たちの物語が幕を上げる。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「春夏秋冬代行者 夏の舞 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今度は夏を中心としたお話。季節を顕現する「四季の代行者」に、新たに朝と夜を顕現する「巫の射手」という設定が加わる。夜のを司る「黄昏の射手」巫覡輝矢を襲った暗狼事件から四季の現人神達の慎みや勤勉さを欠い 今度は夏を中心としたお話。季節を顕現する「四季の代行者」に、新たに朝と夜を顕現する「巫の射手」という設定が加わる。夜のを司る「黄昏の射手」巫覡輝矢を襲った暗狼事件から四季の現人神達の慎みや勤勉さを欠いた振舞いから「天罰説」という発想が生まれ、特に春は大和を十年不在にし、夏は双子神になったことから命を狙われる事になる。「老獪亀」と呼ばれる里の古い考えと保身は身勝手も甚だしい。特に夏の双子への里長達の態度ってどうよ。双子の婚約者たち連理と雷鳥、春の兄である残雪といった重要人物が次々に登場。~続く~ …続きを読む
    なっぱaaua
    2022年07月18日
    47人がナイス!しています
  • 春の巻も相当でしたが、この夏の巻でも相変わらず悪意と殺意に満ちていました。あまりにも主人公格以外に悪者や裏切り者が多すぎて、読んでてちょっと落ち込むレベルですね。そんな中で春の代行者と冬の代行者の遊園 春の巻も相当でしたが、この夏の巻でも相変わらず悪意と殺意に満ちていました。あまりにも主人公格以外に悪者や裏切り者が多すぎて、読んでてちょっと落ち込むレベルですね。そんな中で春の代行者と冬の代行者の遊園地デートは唯一ほっこりできるエピソードで良かったです。代行者たちの共同戦線から下巻の巻き返しに向けての準備が着々と進められていき、これからの展開がとても楽しみ。特に今回は葉桜姉妹の婚約者たちがどういった立ち回りを見せてくれるのか…そしてどんなふうに葉桜姉妹の心を解きほぐしてくれるのか。物語的にも恋愛的にも期待 …続きを読む
    星野流人
    2022年07月31日
    42人がナイス!しています
  • 花葉雛菊の十年ぶりの帰還。過激派・華歳による夏秋への襲撃。そして過去に類を見ない春夏秋冬の共同戦線。結果として史上初の双子神となってしまった夏の代行者・葉桜姉妹の物語。妹・瑠璃が神となってしまった葉桜 花葉雛菊の十年ぶりの帰還。過激派・華歳による夏秋への襲撃。そして過去に類を見ない春夏秋冬の共同戦線。結果として史上初の双子神となってしまった夏の代行者・葉桜姉妹の物語。妹・瑠璃が神となってしまった葉桜姉妹の複雑な関係、護衛官となった姉・あやめの想い、双子神となった姉妹に向かう悪意。そして別の領域の現人神である黄昏の射手・輝矢のもうひとつの物語。春冬主従の関係のその後や秋の近況も描きつつ、葉桜姉妹と輝矢を中心に様々な思惑や葛藤・すれ違いを絡めながら積み重ねられてゆく繊細な描写、導かれてゆく物語は圧巻でした。 …続きを読む
    よっち
    2022年07月09日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品