試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784046805904

アフタートーク

  • 著者 石井 玄
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月15日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784046805904

腐っていたぼくに残るのは ラジオへの情熱と無色透明の個性。

オールナイトニッポン元チーフディレクター・石井玄(ひかる)の10年間を綴った初エッセイ!

(本文より)
――深夜ラジオのパーソナリティ達は、毎週本当にくだらない話をしていた。リスナーからもくだらないメールが届く。そのどれもが面白くて笑えて、劣等感まみれの自分の悩みなどどうでもいいと、生きていてもいいと、思わせてくれたのがラジオだった。――
――突出した能力も、才能もないぼくが、やるべきことは「全部やる」だ。すると、どの能力も平均的に伸びていく。同時に得意なものもなく、いいのか悪いのかわからない能力値。あえてタイプに当てはめるならば、「無色透明型」である。担当していたラジオ番組に、ぼくの色の番組は一つもない。だが、ぼくが誰かの色に染まることで、パーソナリティやスタッフの能力を生かすことが出来る。「じゃあ、才能がない方が良かったか?」と聞かれたら、そんなことは全くもってない。いつだってずっと、天才に憧れている。――

ラジオへの情熱と志を綴った、10年間の集大成=アフタートーク。仕事や人生への示唆に富む一冊。

「ラジオにまつわる仕事論」「ラジオに救われて業界を目指すまで」「ラジオを共に作ってきたパーソナリティ・放送作家・リスナーとのエピソード」の3パートで構成。番組を語るコラム、放送作家の福田卓也、寺坂直毅、ラジオディレクター宗岡芳樹らとの対談、TVプロデューサー・佐久間宣行の解説「元会社員パーソナリティが語るラジオマン石井玄」などを収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「アフタートーク」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オードリーや星野源のオールナイトニッポンに携わったディレクターが溢れ出すラジオ愛を語ったエッセイ。学校に通えなくなった時に聞いた深夜ラジオに救われたエピソードからANNの武道館ライブの話まで全てが熱い オードリーや星野源のオールナイトニッポンに携わったディレクターが溢れ出すラジオ愛を語ったエッセイ。学校に通えなくなった時に聞いた深夜ラジオに救われたエピソードからANNの武道館ライブの話まで全てが熱い。ハガキ職人らの青春を描いた佐藤多佳子氏の小説『明るい夜に出かけて』の裏話もあって楽しませてもらいました。 …続きを読む
    もえたく
    2022年05月15日
    13人がナイス!しています
  • ラジオ好きでなくても、悩んでいる学生さん・社会人に響く内容かなと思います。無色透明も個性。 ラジオ好きでなくても、悩んでいる学生さん・社会人に響く内容かなと思います。無色透明も個性。
    ぶち
    2021年11月25日
    6人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ ANNでお馴染みの石井ちゃんの本。ラジオに関わる人の仕事話は新鮮でとても面白かった。加えて、分野は違えど仕事に情熱を向けている人の話からは刺激を貰える。ディレクターは大雑把にクリエイター型 ★★★☆☆ ANNでお馴染みの石井ちゃんの本。ラジオに関わる人の仕事話は新鮮でとても面白かった。加えて、分野は違えど仕事に情熱を向けている人の話からは刺激を貰える。ディレクターは大雑把にクリエイター型、人たらし型、センス型、計算型、請負型に分別できる点は電子機器製造の業界にも当てはまるなぁ。私はテレビよりラジオの方が場所の制約を受けないし、パーソナリティの本音が聞けて元々好きなのですが、この本を読んでより好きになりました。 …続きを読む
    とみぃ
    2022年03月30日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品