試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041115497

幻月と探偵

  • 著者 伊吹亜門
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041115497

異邦の論理、異形の心理。

大戦前夜の満洲、元陸軍中将の屋敷、連続毒殺事件、「三つの太陽」、岸信介の野望――。

デビュー作『刀と傘』で、「ミステリが読みたい!2020年版」第1位&本格ミステリ大賞受賞!
ホワイダニットの名手が贈る、昭和史×本格ミステリ!

【あらすじ】
ここは夢の楽土か、煉獄か――。
1938年、革新官僚・岸信介の秘書が急死した。秘書は元陸軍中将・小柳津義稙の孫娘の婚約者で、小柳津邸での晩餐会で毒を盛られた疑いがあった。岸に真相究明を依頼された私立探偵・月寒三四郎は調査に乗り出すが、初対面だった秘書と参加者たちの間に因縁は見つからない。さらに、義稙宛に古い銃弾と『三つの太陽を覚へてゐるか』と書かれた脅迫状が届いていたことが分かり……。次第に月寒は、満洲の闇に足を踏み入れる。

メディアミックス情報

NEWS

「幻月と探偵」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ミステリとして謎への興味と真相に至るまでの調査の積み重ねが大事に描かれていて、読み終えた時はハッとさせられる真実がありました。犯人の目的を知ったら、ゾッとするものがありました。人間怖い… ミステリとして謎への興味と真相に至るまでの調査の積み重ねが大事に描かれていて、読み終えた時はハッとさせられる真実がありました。犯人の目的を知ったら、ゾッとするものがありました。人間怖い…
    ツバサ
    2021年08月30日
    11人がナイス!しています
  • 面白かった。展開の緩急はあったものの、月寒を初めとした人物は淡々とした印象。しかし情熱とは無縁のような、熱さのない底冷えするような人間たちが、満州という土地の暗さを表しているのだろう。また所々に月とい 面白かった。展開の緩急はあったものの、月寒を初めとした人物は淡々とした印象。しかし情熱とは無縁のような、熱さのない底冷えするような人間たちが、満州という土地の暗さを表しているのだろう。また所々に月というワードはあったが、月そのものは一度も出なかった(ように思う)。満州の環境が暗に示されていてよかった。そして千代子がただの「婚約者を殺された可哀想な娘」で終わらないとは思ったが、その動機までは分からず。彼女は桜を見ることができただろうか。 …続きを読む
    2021年09月15日
    1人がナイス!しています
  • ★★★★☆ ★★★★☆
    ダイスケ
    2021年09月17日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品