白豚妃再来伝 後宮も二度目なら 一

コミカライズ化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

kakuyomu 作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040741215

コミカライズ化作品

白豚妃再来伝 後宮も二度目なら 一

  • 著者 中村 颯希
  • イラスト 新井 テル子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040741215

「寵妃なんてお断りです!」追放妃は願いと裏腹に後宮で成り上がって…!?

◆大ボリュームの書き下ろし番外編「二度目の天運」収録◆

 濡れ衣で後宮から花街へと追放されてしまった「白豚妃」珠麗。泣き暮らすしかない境遇――をばねに、貧民窟の若頭の礼央の保護のもとで、思いのほか充実した生活を送っていた。
 しかし、苦労に磨かれ別人のような絶世の美女になった彼女は後宮に再収容されてしまう!
「バレたら処刑だわ!」珠麗は懸命に後宮からの脱走を図る。だが、脱出行動が裏目に出たり、花街と貧民窟で鍛えた処世術が役立ちすぎて、冷酷なはずの郭武官にうっかり妃候補として取り立てられるほど活躍を重ねてしまい――?

◆スクウェア・エニックス「マンガUP!」にてコミカライズ決定! 期待の新作、ついに書籍化!◆

もくじ

プロローグ

第一章 戻るつもりじゃなかった

第二章 残るつもりじゃなかった

第三章 庇うつもりじゃなかった

第四章 潰すはずじゃなかった

書き下ろし番外編 二度目の天運

POP

登場人物

宝珠麗 (ほう じゅれい)

もとはぽっちゃりな中級妃。濡れ衣で追放され、苦労を経て別人のような美女に。しかしお人好しな性格は変わらないまま。

姜楼蘭(きょう ろうらん)

珠麗によって流産させられた妃。しかし、実は彼女のたくらみによる冤罪だった。珠麗に冤罪を被せた張本人。

夏蓮(かれん)

珠麗の側付き女官だった。文化の異なる民族の出で、珠麗へ深い恩義を感じていたのだが……。

自誠(じせい)

この国の皇太子。自室に引きこもって下手な詩歌に時間を割き、ぼんくらと思われているのだが……。

礼央(りおう)

貧民窟を治める。だが、実は彼の出自にも秘密があるようで……?

郭(かく)武官

郭氏の三男坊。皇太子の乳兄弟で武官。追放前の珠麗を面白がっていた。

キャラクター相関図

カクヨム版
『後宮も二度目なら 〜白豚妃再来伝〜』
著  中村 颯希

https://kakuyomu.jp/works/16816410413901782228

もう二度と、後宮のドロドロには巻き込まれたくないんですけど⁉︎


~~~~あらすじ~~~~

おデブな体型と騙されやすい性格から、中級妃にもかかわらず「白豚妃」と見下されていた珠麗(じゅれい)は、ある事件で濡れ衣を着せられ、後宮を追放されてしまう。
身一つで花街、貧民窟をさすらった彼女は、その逞しさでなんとか生き延びたものの、すっかり擦れた性格に。
それでも仲間を得て、貧民窟でそれなりに楽しく過ごしていた彼女だが、ある日、後宮継承のための強制収容に巻き込まれて、今度は女官・兼最下級妃候補として後宮に舞い戻ってきてしまった。
二度と後宮の敷居を跨がないことを条件に死刑を免れたのに、後宮にいることがばれたら、今度こそ処刑されてしまう――。
慌てて後宮を逃げ出そうとする珠麗だが、周囲は彼女の正体に気付かない。
なぜなら、ハードな生活のせいですっかり可愛げを失った珠麗は、同時に脂肪も失って、絶世の美女に変貌していたからである。
さらには花街や貧民窟で培った反社会的スキルが光り、本人の意思とは裏腹に、上級妃候補に躍り出てしまう。
貧民窟の仲間・礼央(りおう)が助けに来てくれるものの、その頃には、昔の妃嬪仲間や、皇太子までもが、すっかり珠麗に執着しはじめ……?
「いや、私、殺されたくないんですけど!?」
かつて自分を陥れた敵の魔の手をかわしつつ、珠麗は無事に後宮を脱出することができるのか?


コミカライズ情報

マンガUP!

https://magazine.jp.square-enix.com/mangaup/


メディアミックス情報

NEWS

コミカライズ決定!!

コミカライズの詳細は、続報をお楽しみに!

「白豚妃再来伝 後宮も二度目なら 一」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。いやーここ最近読んだ新シリーズ?の中で1番面白かった!小説を読んでいるということすら忘れて没頭してしまう感じは、わたしの中で威風堂々惡女や十二国記に相応します。一風変わった後宮シンデレラストーリ 新刊。いやーここ最近読んだ新シリーズ?の中で1番面白かった!小説を読んでいるということすら忘れて没頭してしまう感じは、わたしの中で威風堂々惡女や十二国記に相応します。一風変わった後宮シンデレラストーリーで、序盤から勢いがあって細かいことを気にせずグイグイ読めます。珠麗の(無自覚な笑)人柄も魅力だし、ツンデレな礼央もたまらん♡だし太子も捨てがたいわ〜!珠麗のことが客観的に分かる番外編も良かった。カクヨム未読なので次巻が超絶楽しみ。2巻完結との噂もあるけど、珠麗目線での4年間のこととか外伝も読みたい! …続きを読む
    あっか
    2021年09月01日
    57人がナイス!しています
  • 「ふつつかな悪女…」の中村さん、以前は白豚妃と呼ばれていたヒロインがうっかり二度目の後宮に入ることに。後宮から出ようとすればするほど、偉くなっていくヒロインがおかしい。今回も女同士の掛け合いが面白すぎ 「ふつつかな悪女…」の中村さん、以前は白豚妃と呼ばれていたヒロインがうっかり二度目の後宮に入ることに。後宮から出ようとすればするほど、偉くなっていくヒロインがおかしい。今回も女同士の掛け合いが面白すぎて、恋愛があまり進んでないような?今のところ礼央のほうが自分の中では一歩リード。 …続きを読む
    ぐっち
    2021年08月28日
    25人がナイス!しています
  • 濡れ衣で後宮から追放された主人公・珠麗。白豚妃と呼ばれた彼女は数年後、苦労を経て別人のような美女になりますが、女官狩りに捕まり、まさかの後宮にて再収容されてしまいます。脱走を図る彼女ですがそう上手くい 濡れ衣で後宮から追放された主人公・珠麗。白豚妃と呼ばれた彼女は数年後、苦労を経て別人のような美女になりますが、女官狩りに捕まり、まさかの後宮にて再収容されてしまいます。脱走を図る彼女ですがそう上手くいくはずもなく、彼女の願いとは裏腹に珠麗は後宮で成り上がってしまいます。珠麗の天然たらしっぷりに加え、勘違いに次ぐ勘違いの連続で終始笑えました。彼女の過去も絡む中、登場するヒーロー候補二人のはどちらとも魅力的で、推しが決め難いです。珠麗が伝説の肥桶番になる過程を描いた書き下ろしのエピソードも素晴らしかったです。 …続きを読む
    ひぬ
    2021年09月09日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:中村颯希(なかむらさつき)

中村颯希(なかむらさつき)

2016年の『無欲の聖女』(主婦の友社)以来、『神様の定食屋』『地獄の沙汰もメシ次第』(双葉社)、『ふつつかな悪女ではございますが』(一迅社)、『シャバの「普通」は難しい』(KADOKAWA)など、多数の人気シリーズを手がける女性作家。圧倒的な登場人物の魅力と爽快感あふれる展開に、読者から熱烈な支持を受けてやまない。

Twitterアカウント @satsuki_nkmr

最近チェックした商品