Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年07月16日
商品形態:
電子書籍

Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり

  • 著者 古宮 九時
  • イラスト 森沢 晴行
発売日:
2021年07月16日
商品形態:
電子書籍

言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。

 キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用の言語教材を作成する仕事についた雫。エリクと協力して引き続き日本帰還の手立てを探り続けていたが、その鍵となるはずの外部者の呪具、秘された歴史を記した本の一冊が予想外な場所から見つかることに。
 一方、もう一冊の呪具を保持する邪悪な魔法士アヴィエラは、突如として大陸全土に向けて宣戦布告する。

「私の名はアヴィエラ。七番目の魔女。時代の終わりと始まりでお前を待っている」

 決戦の地は、禁呪によって異界化した亡国ヘルギニス跡地。ファルサス王ラルス率いる連合軍が結成され、呪具の片割れを所持する雫も否応なく戦いに巻き込まれていく。

 神話の時代に遡る言語の由来、子供達が言葉を失う流行病、この世界を観測する外部者の存在、そして現代日本からやってきた雫が言葉を解する意味。その全ての謎が一点に収束して明かされていく。長い長い旅の果てに、少女が知る真実とは――。

 言葉と人間を巡るロードファンタジー、堂々完結。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Babel IV 言葉を乱せし旅の終わり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用言語教材を作成する仕事についた雫。一方、邪悪な魔法士アヴィエラが突如として大陸全土に向けて宣戦布告する第四弾。子供に言語を教えながらエリクと帰還の手立てを キスクでの激動を経てファルサスに帰還し、子供用言語教材を作成する仕事についた雫。一方、邪悪な魔法士アヴィエラが突如として大陸全土に向けて宣戦布告する第四弾。子供に言語を教えながらエリクと帰還の手立てを探り続ける雫、意外な場所から見つかった秘された歴史を記す一冊の本を巡る因縁、そして七番目の魔女を名乗るアヴィエラとの決戦。相変わらず雫は無茶するな…と思いながら読んでましたけど、これまで積み重ねられてきた伏線が徐々に収束して明らかになるひとつの真実は鮮烈で、長い旅の果てに下した雫の決断が印象に残る物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年07月15日
    30人がナイス!しています
  • 一番厚いラストの1冊。 主人公である雫の本当の謎と、決断には涙。 誰の心の中にもある「自分がきっとこの世界の異分子だ」という、ある意味中二病的な思いが、結果としてこの結末を迎えたのかな。 でもそれは、 一番厚いラストの1冊。 主人公である雫の本当の謎と、決断には涙。 誰の心の中にもある「自分がきっとこの世界の異分子だ」という、ある意味中二病的な思いが、結果としてこの結末を迎えたのかな。 でもそれは、本当に誰にでも心の中にあって、いくつになってもあるものだと思う。それに折り合いをつけていくのが年を取るということだけど、「自分で選んで」そういう道を活けるならきっと幸せになる。南の海は見えたのかな。 …続きを読む
    みどり
    2021年07月18日
    7人がナイス!しています
  • 完結。最後まで読み応えがありとても面白かったです。雫の精神の強さや根性に読んでいて何度も心打たれました。そしてエリクの頭脳が冴えわたる。自分を恐らく曲げてまで雫を助けようと淡々と立ち回ってくれていたエ 完結。最後まで読み応えがありとても面白かったです。雫の精神の強さや根性に読んでいて何度も心打たれました。そしてエリクの頭脳が冴えわたる。自分を恐らく曲げてまで雫を助けようと淡々と立ち回ってくれていたエリク、彼の揺るがない姿勢に読んでいてどれだけ救われたか。世界は雫にあまり優しくないけれどこれまで雫が関わってきた人達が少しずつ手を差し伸べてくれるのがなんか良かった。カイト君ちょっと泣けた。衝撃の真相を受けてラルスに対峙する雫の在り様が言葉にならない。ラストの雫とエリクとの会話が『Babel』らしくて大好き! …続きを読む
    ゆり
    2021年07月22日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品